« 12月1日のヨガは自宅です | トップページ | 12月のヒーリングお茶会 »

『最後だとわかっていたなら』

 先日の新聞記事に書かれてあった詩です。

息子さんを不慮の事故で亡くした母親が作った詩を、翻訳したそうです。

 当初、「9,11で亡くなった若い消防士が生前に書き残した」というふれこみで、全米の追悼会でも朗読されたそうです。

 真実が分かった後でも、この詩は輝きを失わず、広がり続けています。

大切な人を思う心の「価値」は変わらないからです。

 最後だとわかっていたなら

 あなたが眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたなら、

わたしはもっとちゃんとカバーをかけて、

神様にその魂を守ってくださるように

祈っただろう。(中略)

今日ですべてが終わるのだとしたら、

私は今日、

どんなにあなたを愛してるのか伝えたい。

 そしてわたしたちは忘れないようにしたい。

若い人にも老いた人にも、

明日は誰にも約束されていないのだということを。(中略)

 

 だから今日、あなたの大切な人たちを

しっかりと抱きしめよう。

してその人を愛していること、

いつでも、いつまでも大切な存在だということを

そっと伝えよう。

|

« 12月1日のヨガは自宅です | トップページ | 12月のヒーリングお茶会 »

癒し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/9196582

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後だとわかっていたなら』:

« 12月1日のヨガは自宅です | トップページ | 12月のヒーリングお茶会 »