« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

ゆくみ ~癒しのカイロ~ 成川カイロ・リラクゼ-ションルーム

 今日は、信頼できる、カイロプラクターのご紹介です。
私の友人で、カイロプラクティックをされてる、
成川和久さんの、
「癒しのカイロプラクティック」をご紹介します。
「ゆくみ ~癒しのカイロ~
成川カイロ・リラクゼ-ションルーム」
『ゆくみ』とは、彼の生まれた沖縄の方言です
 「ゆくる」意味:休む  例 ちょっと疲れたからゆくらん
 「ゆくいみそーれー」就寝時の挨拶 (お客さんに対し)お休み下さい
という感じですがニュアンス的にわかりますか!!?!
 集客率を上げないといけないのに
“ゆっくりお休み下さい”
なんっておかしいですね(^_^;)
 しかし、お客さんが施術後「(身体が楽になり、)
また少し頑張ってみようかな」
と笑顔で帰られるそんな治療院がコンセプトなので、
『ゆくみ』この言葉は気に入ってます
『5年後も今のお身体ですか?! こころとからだのお手入れを始めませんか!!』
 身体(心)からの “ 声 ” を聞いてあげて下さい。
痛み・だるさ・しびれは身体(心)からのメッセージです。
 ストレスの多い現代社会、頭痛・肩こり・腰痛などの
不定愁訴(原因がはっきり特定しない)で悩んでいる方が多くいます。
そのような悩みを繰り返さないように、
痛みを抑えるのでなく貴方と共に原因を見つけ
改善していくことが私の目的です。
 きちんと身体を改善したい方のために、
私は 『 手 』 による手技にこだわります。
JACM(日本カイロプラクティック医学協会)認定カイロプラクター
日本手技療法協会会員
西洋式レイキヒーラー(サード伝授)
 
私たちは、私からレイキを学んでくださった方と、
すでにレイキを獲得しているレイキヒーラーたちとで
互いにレイキを送り合うグループを作っています。
 また、お茶会に来てくださった人たちからの
レイキのリクエストにも、無償で応えてきました。
 
成川さんは、最初からこのグループに入ってくださり
多くの方のレイキリクエストに、積極的にボランティアで、
レイキを送ってくださっています。
 
これまで幾度も、継続的なレイキリクエスト以外にも、
救急のレイキをお願いしたのですが、
(病気の急変、脳梗塞、薬の大量服用、精神的な不安など)
お忙しいのに、いつも、必ず、
メッセージをくださり、当事者や、家族を励ましてくださいました。
もちろん、なんの見返りもありません。
これは、なかなかできないことです。
本当に人間的にも、すばらしい方です。
 
成川さんは、常にクライアント(施術を依頼した人)さんの身になって考え、
真摯に施術に打ち込むその姿勢は、本当に頭の下がる思いがしています。。
 もしも、お体に不調を感じたら、
一度、成川さんにカイロを頼んでみてはいかがでしょうか?
オススメいたします。

 ↓ 成川和久さんのブログです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/kairo_office_yukumi

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい時間

 さきほど、ヒーリングお茶会が終わりました。

今日は早く終わりにしましょうね、と言っていたんですが・・・・

 前日、Iさんから私の「管理能力」について指摘があったので、

今日こそは、時間内に終わらせてみようと意気込んでいたのですが・・・。

 なぜだか今日も、午後11時。

・・・でも、このお茶会を一番愉しんでいるのは、

私かもしれません。

 気の合う仲間と、なんでも好きなことを言い合える時間が、

忙しい私には、必要な時間であるような気がします。

先生でも、生徒でもなく、みんなが同じ方向を向いて考えたり、学んだり・・・。

 今日は、自己の「古い思いこみ」を見つめるワークをしたら、

(回転椅子で左右に揺れてみんなに質問してる)私を、

「なんか、先生みたい。テスト受けてるみたいな」

と、またまたIさんからのご指摘。

もちろん、中身は、私が見ることなどないのですが・・・。

カナダのアーユルヴェーダの医師であり、

ヨガのティーチャーから学んだ「仏陀の瞑想」や、

右手と、左手の「体温を変える」コントロールをやったり、

レイキヒーリングを受けて、リラックスしていただきました。

今日初めて参加してくださったAさんは、

このブログを見てくださって、お茶会に参加してくださいました。

「幸せな手」をお持ちのかわいい、Aさんでした。

いつも、優れた知識をもとに、理路整然とお話をして、みんなを引き込むTさん。

彼は、将来間違いなく、第三の目が開くでしょう。

(そしたら、お茶会のみんなが、Tさんに前世や守護霊を見てもらうのが愉しみです)

不思議現象を数多く経験している、大きなパワーを持ったKさん。

離れられないネガティブな思いを、「かぐや姫」にして手放してしまうIさん。

(Kさんによると、私とIさんは、前世で夫婦だったと言ってるんですが・・・大笑いです)

聖母マリアのような、Rさん(実際マリア)。

 みんなといると、とっても心地よい。

きっと、彼らとは

「ようやく巡り会えましたね」

という関係なんだと思います。

・・・なんとなく、そう感じるのです。

彼らの中に、穏やかな光が流れ込んでいきますように・・・。

どんなときも、

どんなところでも、

それらが強く存在し続けますように。

そして、いつも、このブログに来てくださっています、

Tさんや、Uさんや、Yさんや、

そして、今、ブログを読んでくださってる、

あなたのところへ流れていきますように・・・。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念を入れて生きる

今日一日を、「心を今」において生きてみませんか。

念を入れて生きる。

念という字は、「今」の「心」と書きます。

 終わってしまった「昨日」のことや、

けっして起こらないかもしれない「未来」に心を向けず、

「今」を生きる練習をしてみましょう。

・・・今日できることはなんですか?

それをひたすら一生懸命にやるだけです。

心をいつも、今に向けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日を思い煩わず

明日を思い煩わず、

今日をみつめよう。

なぜなら、今日あることは、

すでに奇跡なのだから。

人に与えたことばかり

いつまでも憶えていないで、

それが必要だったとだけ、

心にとめておきなさい。

なぜなら、与える者は、

大いなる父から、

もっと多くを、

与えられているのだから。

     アニー・ベサント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の講座のメニュー

私は月に一度、「リラクゼーション&ヒーリング講座」をおこなっています。

 今日のメニューは・・・

2月のリラクゼーション&ヒーリング講座】

テーマ:コントロールの力を取り戻す
 
 どんなときに流れに身を任せたらいいのかわからず、無駄な努力をつぎ込んでしまうことで、心身共に疲れてしまうことが多々あります。

 自分には状況をコントロールする力があると思うことは、生きていく上で非常に重要なことです。

 しかし、コントロールすることにあまりにこだわりすぎると、エネルギーを無駄に使い果たしてしまいます。

この矛盾はどのように解決していけばいいのでしょうか。

 今日は、この問題を思考法、ヨーガ、メディテーション(瞑想)、気功、チャクラの活性化、整体、セルフマッサージの面からアプローチしていきます。

太陽の呼吸法

太陽のパワーを身体に取り入れる呼吸法です。

 私たちの潜在意識の中にある深いところの意識を目覚めさせて、プラスのエネルギーを引き出します。

*内面の調和:ムドラー・・・ マタンギ・ムドラー

 マタンギ・ムドラーは、心身のバランスと調和の感覚をもたらすように促します。

体調不良を感じたり、刺激過多を実感しているときに。

*気功:頭から余分な「気」を抜く方法

*第一のチャクラを活性化させるヨーガ

*2月の瞑想

 
3月のテーマは、「不安のサイクルを断ち切る」です。

3月13日 木曜日 13:00~15:00

私の自宅でおこないます。

毎月テーマを変えておこなっていますので、興味がある方はご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜にトイレ6回が・・・

 週に二回プライベートでヨガと、タイマッサージをしているKさんは、

夜、トイレに6回起きるのだそうです。

睡眠時間はだいたい6時間なので、1時間もしないうちにトイレに起きる計算になります。

Kさんは、非常にまじめで、リハビリのために毎日2時間ヨガをしたり、自分でマッサージをするのです。

始めた頃にはほとんど開かなかった両足の指が、今では私の指先が入るほど開き始めています。

先日それを発見し、お互いに大喜びしました。

 そして、Kさんは私のヨガのレッスンを受けて、タイマッサージを受けた晩には、トイレに起きるのが1回だというのです。

これには、非常に驚きました。

そんなに違いがあるんですか・・・、それを聞いて、本当にすごいなと思っています。

Kさんには、タイマッサージがちょうどあったんですね。

タイマッサージは、タイ・ヨガ・マッサージとも言われ、

マッサージと、指圧と、ヨーガを組み合わせた施術です。

私自身が、カナダで初めてタイマッサージを受けて、

あまりの気持ちよさに魅せられて、迷わずライセンスを取ってしまったものです。

ヨーガをしながら、身体をほぐすことができますので、

ヨガのクラスでも使えるテクニックだと思いました。

また、家族からも、(このマッサージもしっかり覚えて帰って、と)リクエストがあったからなのですが・・・。

Kさんのからの報告は、本当に光栄ですし、嬉しい知らせです。

興味がある方は、気軽に声をかけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲張ることなかれ

社会的な振る舞いに関する五つのヤマのなかのひとつに

Aparigraha アパリグラハ=欲張ることなかれ

という支則があります。

意味は、

必要なものだけを所有して、それ以上を手にすることなく、

もっているものを賢明に活用するように」

ということです。

 カナダから帰国する際に、愛着のあった家財道具を始め、

洋服や身の回りの品々をほとんどおいてきました。

 もうすでに多くのものを(日本に)所有していたからです。

ほとんどすべてをお世話になった友人や

家の近くのホームレスの方に差し上げたり、捨ててきました。

ですから日本に送った荷物は、本当に数えるほどでした。

 荷造りをしていて感じたのは、

自分が亡くなったときは、

指輪のひとつでさえ、持って行くことはできないのだということでした。

そして、自分にとって本当に必要なものは、

そんなに多くはないのだということでした。

本当に大切なものが、ひとつあれば

もうそれだけで充分。

昔のように贅沢をすることも、なくなりました。

 荷物の中身で一番多かったのは、カナダで集めた本でした。

 災害や盗難で、ものはなくなったとしても、

頭に積んだ知識は、誰にも奪えないからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サティア=真実性・誠実性

 ヨーガの支則のなかには、社会的な振る舞いに対する五つのヤマがあります。

そのなかのひとつに、誠実という言葉があります。

Satya=サティア です。

あの「サティア・サイババ」の、サティアです。

 誠実であることは、ある意味簡単にできそうな気がしますが、

なかなかどうして大変な覚悟を必要とする場合があります。

 なぜならば、

真実だけを口にしなければならないからです。

たとえ真実であっても、誰かを傷つけてはなりません。

それができないならば、

あなたは沈黙を守らなければなりません

けっして、人を傷つける言葉を自ら口にしてはいけません。

また、同時にサティアは、

自分が何者かの真実を見いだすために、

自分を深く見つめるということも要求しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気になってよかった!

 ヒーリングお茶会に来てくださっていたAさんが、
脳の手術を終えて、無事に退院されました。
難しい手術でしたが、いろいろな方面からの助けがあり、Aさんは生かされました。
Aさんのメールです。・・・・
ただいまぁ~ です!!
手術は無事成功です。
沢山の人達が私を思ってくれた、目には見る事の出来ないパワーが
私の手術の成功につながったと思います。
皆さんの心に感謝をし  ”ありがとう” の気持ちです。
今回の病気が発見され色々とありましたが 私はとても大切な事を学びました。
変な話ですが・・・この病気になってよかった ほんとうによかったと心からそう思えるのです。
このような事が無かったら、私はきっと 変わらずの心で人生をだらだらと過ごしていたのかもしれないなので この病気に感謝しています。
また、連絡します。
本当にありがとうございました。
また お宅へおじゃまさせて頂きたいです。
               以上

・・・その時「最悪だ」と思っていたことが、

あとになってみると、

今の幸せにつながっている。

Aさんは、それを実感されたのだと思います。

いろんな悩みを抱えた方も、ヒーリングお茶会に来ています。

もしよかったら、あなたも足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大の敵は「無知」

・・・みなさんのお宅は、大丈夫でしたか?

昨日の朝、寝室から出ると、外がなぜだか明るい・・・

 窓を開けてみると、外は大雪、東北の雪国のようでした。

激しく降り続く雪が、すこし怖く感じました。

昨日は出かけないようにしていましたが、今日は月曜、どうしても出かけなければなりません。

覚悟を決めて、エンジンをかけました。

 車を「エコノミーモード」から「雪道用のモード」に切り替えて、慎重に走り出しました。

ちょうど金曜日に前のタイヤを2本替えていてよかったです。

タイヤの空気圧も充分です。

堅い轍も所々にあり、車体の底が擦れて痛そうでした。

下り坂では、所々アイスバンで、非常に滑り大変危険でした。

あちらこちらで、側溝や、電柱に衝突したようなブレーキ痕がありました。

慌ててハンドルを切り損ねてしまったのでしょうか。

十分な低速で走り、流れに身を任せながらも、滑る方とは反対のほうにハンドルを切っていけばいいのですが・・・。

雪道ではブレーキを踏まない、ということも大切なことです。

 タイヤの空気圧が減ってるとハンドルを取られてしまうことや、

十分に減速してできるだけブレーキを使わないで走ることや、

あとで、轍(わだち)ができないように、車体の下が雪でこすられストップしないように

雪が降っているときからできるだけまんべんなく道路を蛇行させて運転させるなど、

車を運転するときには、知恵が必要です。


 そういうことを知らないと、大変危険です。

車を動かすことができても、その危険のメカニズムを知らなければ、事故に遭う確率は高くなります。

自分の身体にも同じことがいえます。

 知ってるか知らないかの本当にちょっとした差が、運命を分けるからです。

あなたの健康を考える上で大切なことは、体と心についての正しい知識を持つことです。

あなたの不調は、

実はあなたの「無知」にあるかもしれません。

いろんなワークショップや、お茶会を行っています。

気が向いたら足を運んでみてください。

なにか見つかるかもしれません。

今日もよい一日でありますように・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命のビザ・日本のシンドラー

 こんにちは

みなさんは、第二次世界大戦中にユダヤ人を助け続けた日本人、杉原千畝さんをご存知でしょうか?

先日杉原さんがポーランド政府からその功績をたたえられ、叙勲されたということです。

以下ニュースの文面です。

第二次世界大戦中、ナチスの迫害から逃れようとしたユダヤ人に「命のビザ」を発給した故杉原千畝・元リトアニア領事代理の功績をたたえ、ポーランド大使館(東京都目黒区)で16日、叙勲式が開かれた。

マルチン・リビツキ大使から、杉原氏の孫千弘氏(43)=バンコク在住=に「ポーランド復興勲章コマンドルスキ星十字型章」が手渡された。

 杉原氏は40年夏、ポーランドからリトアニアの日本領事館に逃れたユダヤ人ら約6000人に、日本政府の指示に反して日本通過のビザを発給し「日本のシンドラー」と呼ばれた。

千弘さんは「功績が認められ、光栄に思う」と語った。
 
彼の勇気と行動力、私たちが見習わなければならないものだと思いました。

以下は彼のドキュメンタリー動画です。

命のビザ

 http://jp.youtube.com/watch?v=T4BVFP8RPLI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Healing Space わげん の もこさん

先日も少し書きましたが、

1月のヒーリングお茶会に、松崎から

鈴木元子さんこと、もこさんと、

『愛の賛歌のこころで生きる』の作者

松尾俊一さんが、参加してくださいました。

私がヨガヒーリングをさせていただいてる

Mさんの友人でもあるおふたりは、

初めてこのヒーリングお茶会に来てくださったんですが、

あたたかさと、誠実な人柄がにじみ出ていて、

とてもこころがが和みました。

そこに、そのひとがいるだけで、

もう十分に安心できるような、そんなステキな方たちでした。

 もこさんは、現在

クリスタルボウル・サウンド・セラピーや、

セラピーカードカウンセリングをおこなっています。

興味がある方は、どうぞ次のサイトをチェックしてみてください。

「Healing Space わげん」 

http://iyashibito.web.fc2.com/

ステキな体験ができますように・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »