« かずさんのカイロプラクティック開業! | トップページ | モンロー研究所での体験 »

瞑想をするということ

 悟りを得たいとか、救われたいと求めて、
ヨーガをやり、瞑想をしても
それは、ヨーガでなく、瞑想でもありません。
「からにする」ことが何よりもたいせつです。
 それは、「とらわれ」を手放すことです。
ただ、ヨーガを行ない、瞑想をする、ということです。
 いつも自分でおこない、つかんでください。
本を読んでわかったと思っても、
人の話を聞いて納得して理解したように思っても、
 それは本当の意味で
「わかった」
ことにはなりません。
真理は、自分で選択し、自分が行うことで獲得するものです。
 他人が行って、他人がつかんだものは、
いくら話を聞いても、本を読んでも参考になるだけで、
自分のものにはなりません。
人から人へと伝えることができないもの、
自分で体得する以外にないものが、
本当の意味で、
自分を救うことができるのです。
 無になるための大切な条件のひとつは、
「求めない」
ということです。
ああなって欲しい、こうなって欲しいと思わず、願わない。
ありのままにみて、ありのままに行う。
ただ、これあるのみ。

|

« かずさんのカイロプラクティック開業! | トップページ | モンロー研究所での体験 »

癒し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/11827938

この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想をするということ:

« かずさんのカイロプラクティック開業! | トップページ | モンロー研究所での体験 »