« Reiki レイキって、なんですか? | トップページ | 3月のお茶会と講座の報告 »

あのスターの気

パソコンに向かっている私の耳には、子どものピアノが聞こえてきています。

けっして上手くはないけれど、子どものピアノを聞いていると心が落ち着きます。

今はJohann Pachelbel のKANON「パッヘルベルのカノン」を弾いています。

私はこの曲が好きです。

 英語も満足に話せず、いきなり外国人の中で英語での授業を受けなければならなかった子どもにとって、毎日がストレスの連続だったようです。

その頃の心の支えは、ピアノに触れることでした。

ピアノ・・・そこが、安心できる、唯一の居場所だったようです。

子どもがカナダで頑張れたのは、自分がただひたすらに打ち込めるものがあったからでした。

 昔、『ピアノレッスン』という映画がありました。

あそこで流れている曲も大好きでした。

バンクーバーのブロードウェイという通りはギリシャ人街で、あちこちにギリシャ料理が食べられるレストランや、デリカがありました。

私はヨガの帰りにいつもそのストリートで買い物を済ませながら帰りました。

その日も、いつものようにヨガマットを背負って歩いていたのですが、

いつもとは明らかに違う、

なぜだかわからないけれど、ものすごく明るい光のようなものを感じていたのです。

しかもそれは(私が歩く)遙か前方から感じられたのです。

本当は、そのあたりで右に曲がるはずでしたが、どうしても気になったのでそのまま明るい方へ進んでみました。

その先に何があるのか、どうしても気になったからです。

 光の主は、HARVEY KEITEL・・ ハーヴェイ・カイテルでした。

『ピアノレッスン』で、粗野な男ベインズを演じた俳優でした。

彼は通りに置いた小さなテーブルに、きれいな若いBOYと向かい合って座っていました。

彼と目があって、向こうから

「Hi, How are you? Are you going to do YOGA?」

と、気さくに声をかけられました。

その輝きといったら、言葉では表現できないくらいです。

100メートル離れていても、輝きを放てるスターのもの凄いパワー、エネルギーに圧倒されました。

いつもは持ち歩いているデジカメを持っていなくて残念でした。

圧倒的な存在感に、ただただ感激!!!

 人はそれぞれ、雰囲気を持っています。

その人から発せられる、気(パワー・エネルギー)です。

ヨガや、Reiki (レイキ)をすることで、気に対してとても敏感になります。

と、同時に邪気(マイナスの気)を受けないように自らを高めることができるようになります。

そしてまた、自分を護ることも、できるようになります。

ただ、普通のヨガではそれは起こりません。

ちゃんとした方法があります。

|

« Reiki レイキって、なんですか? | トップページ | 3月のお茶会と講座の報告 »

ヨガ(ヨーガ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/11086914

この記事へのトラックバック一覧です: あのスターの気:

« Reiki レイキって、なんですか? | トップページ | 3月のお茶会と講座の報告 »