« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

どんなに感謝したらいいか・・・

どんなに感謝したらいいかわからない。

朝、太陽と共に目覚め、

無条件に光が注がれていることに。

今日も、五体満足で生かされていることに。

屋根のある家に住み、

暖かい部屋の中で毎日の暮らしをおくれることに。

肌触りの良い服を身につけ、

すきなハーブティーで朝を迎えることに。

冷蔵庫を開ければ、食べ物があふれ、

蛇口をひねれば、冷たい水で顔を洗うことができる。

一日の疲れを、温かいお風呂で癒やすことができることに。

 大切な人はいつもそばにいてくれて、

私を勇気づけてくれる。

どんなに感謝したらいいかわからない。

自然と右と左の手が合わせられ、胸の前に導かれる。

自分が手を合わせるのも、

誰かが手を合わせる姿を見るのも。

好き。

どんなに自分の中のバランスが崩れようとも、

そのバランスを取り戻すカギが、

ヨーガの中にはあるのだから。

ヨーガに巡り会えたことに、感謝。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヨーガが与えてくれるもの

 ヨーガが、他の健康法やストレッチ・エアロビクスなどの運動と違うところは、

ただ単純にからだを健康にするだけでなく、

精神的な不安や感情の乱れをととのえ、

健全な精神と積極的に生きる力を身につけるところにあります。

 人は誰でも、もともと健全に強く生きようとする力をもっています。

天から与えられた、生命力です。

 大地に根を深く下ろして、太陽に向かってまっすぐに伸びていく大木のように・・・。

そのすごいパワー・エネルギー・力をヨーガによって蘇らせ、引き出すことによって、

人間本来の根源的な生命力で、明るく力強く生きることができるようになります。

これも、ヨーガの大きな目的です。

 知識や学問だけで頭や精神をコントロールするのでは限界があります。

正しい呼吸をし、ゆっくりと無理なく自然に、萎縮した筋肉を優しくほぐしながら身体を動かす。

ヨーガによって、身体と生命の知恵を身につけることで、よりしっかりとした地に足がついた生き方ができるようになります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

6月のヨーガ教室

6月のヨーガ教室は・・・

*60歳からのヨーガ・・・13:30~14:40 

2日(月)、9日(月)、17日(火)、27日(金)

*昼のハタヨーガ・・・9:50~10:50

4日(水)、11日(水)、18日(水)、25日(水)

*夜のハタヨーガ・・・18:50~19:50

3日(火)、10日(火)、19日(木)、24日(火)

*午後のハタヨーガ・・・15:30~16:30

7日(土)

*きれいになるヨーガ・・・11:00~12:00

4日(水)、11日(水)、21日(土)、25日(水)

*ピラティスとヨーガ・・・20:00~21:00

3日(火)、10日(火)、19日(木)、24日(火)

 特別クラス 開講

◎呼吸法と瞑想 2日(月)15:00~16:15

参加費 1000円

◎自律訓練法 21日(土)9:30~10:45

参加費  1000円

◎ヨーガと瞑想 26日(木)14:00~16:00

講師自宅にて開催 参加費は、ドネーション。

(自分で好きな金額を決めるスタイルです)

◎身体の修正法 27日(金)15:00~16:15

参加費 1000円

◎レイキヒーリングお茶会 28日(土)19:30~

師自宅にて開催 費 ドネーション

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アロマセラピーと、一句石さんの薔薇

 昨日は、アロマコーディネーターの友人のセミナーで、エアーフレッシュナーをつくりました。

 感激!

 しばらく封印していた薔薇の香りに目覚めてしまい、やっぱり時々はつけていこうと思っています。

数種類の精油を混ぜてつくりましたが、やっぱりメインは薔薇でした。

15ML 1万円を超す高価な精油ですが、やっぱりこれをかいだらこれ無しにはつくれなくなりました。

「スプリングローズ」も、素晴らしい香りで、こころから満たされました。

 以前、カナダで友人に教えてもらい石けんをつくっていたんですが、その時にもドライフラワーや数種の精油を混ぜました。

香りって、大切ですね。

Mさんに感謝です!

 そのあと、以前から誘われていた 伊豆の国市の民宿一句石さんのバラ園へ行きました。

http://www.bonbonvie.net/flower_ikkuishi/index.htm

女将さんと、お嬢さんが育てている、素晴らしいバラ園をため息をつきながら、散策させていただきました。

300種類の薔薇だそうです。

妖精が出てきそうな、素晴らしい庭です!!!

入場は無料で、お茶・お菓子の接待まであり、至れり尽くせりです・・・・・。

それにしても、あんなに凄い薔薇を育てるのには、相当の根気と愛情がなければできないですね。

昨日も、女将さんとお嬢さんが一生懸命に古くなった薔薇を切っては棄てていました。

薔薇が散って地面に落ちると、群れて虫が湧き薔薇を傷めてしまうのだそうです。

一緒に出かけていった友人たちは、薔薇のすばらしさもさることながら、その大変さに目がいってしまい、お二人のご苦労に感心していました。

ステキなローズガーデンでお茶とお菓子をいただきながら、きれいな薔薇に囲まれ、こころが癒やされました。

本当にありがとうございました。

 昨日は、自分へのご褒美と思って、時間を愉しみました。

 一生懸命に頑張っている自分を、時々明るい場所へ連れて行って、これからも大切にしていこうと思っています。

機会を与えてくださった方々に、こころから感謝です。

気持ちを切り替え、今日もがんばります。

今日はヨーガクラスが3コマです。

二ヶ月ぶりに、御殿場も行きます。

ヨーガを楽しみにして来てくださる、みなさんの笑顔に会いに・・・。

みなさんにとっても、幸せな一日になりますように・・・。

Enjoy!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なぜ、瞑想をするの?

 先日は、昨年よんでいただいた企業から(職員研修として)今年もまたお呼びがかかり、研修の講師をさせていただきました。

 しかし、1時間はあっという間で、思ったようにくつろぎの時間がとれませんでした。

申し訳なく思っています。

その時は、第一チャクラを活性化する、誘導瞑想をさせていただいたのですが、どうして「瞑想」するの?という方がかなり多かったのではないでしょうか。

 私のヨガクラスでも、常連のKさんに

「ね、どうして瞑想するの?」

と聞いて下さった方がいたそうですが、説明不足の点があったようなので、ここで少し説明します。

 瞑想は、まず、ストレスに耐える力をつけます。そして、心を静めて、自分の中にいるお医者さんを自由に解放し、身体自体の中にある知恵に耳を傾けることができるようになります。

 だれでも、自分の心にダイアルを合わせ、その中で起こっていることに耳を傾けることができるなら、自分の内面でいつも自分自身と会話することができるのです。

海上で船をこぎ出して、錨を下ろすのを忘れたら、海流に流されてしまうでしょう。

こころの場合も、それと同じです。

こころをどこかに安定させる錨を持っていないと、とんでもないところまで流されてしまいかねないのです。

精神集中という、錨をおろすこと、それが瞑想で得られる沢山の効果のうちのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違った経験をいくら長く積んでも・・・

昨日、かずさんのカイロプラクティックオープンの記事を載せましたが、彼のブログを載せるの忘れていました。

ごめんなさい。かずさん。

こちらからどうぞ・・。

成川和久の ゆくみ です。

http://blogs.yahoo.co.jp/kairo_office_yukumi

 以前、バンクーバーでプライベートレッスンでヨガを教えたことがあるNさんが、帰国し、東京で暮らしているのですが、時々調子が悪くなることがあります。

彼女は、うつです。

ヨガが自分を救ってくれたと思っているNさんは、先日新宿のヨガスタジオへ行きました。

雑誌や、本などでも度々取り上げられている有名な先生がいるからです。

1レッスンが、3000円。期待していたほどの感激は得られなかったものの、無事に1時間のレッスンが終わり、車座になって少し話したそうです。

参加者は、Nさんを入れて4名。

先生は、ヨガを始めた動機をみんなに順番に聞いたそうです。

ダイエット、肉体的な病気の克服、運動の一環・・・。

素直なNさんは、正直に自分のことを話したそうです。

「ずっと、精神的に参っていて、メンタルクリニックにも通い、何年も薬を飲んでいるのです」

すると、その先生の顔が明らかに変わり、いやーな目で見て、何もNさんに言葉をかけずに無視をされたそうです。

(あなたはもう関係ないわ)オーラがでて、自分を排除しているのがわかったそうです。

先生がそんな態度だったからでしょうか、みんなも無視を決め込んで、その後の会話はNさんがまるでそこにいないかのごとく振る舞われたそうです。

忘れていた恐怖がよみがえってしまいました。

 なんとかそのスタジオを出ると、フロアに座り込み大声で泣き出して、その場に崩れたそうです。

 しかし、誰もNさんに関心を示す人は誰もいず、ずっと放って置かれたようです。

這って歩いているような精神状態になり、自分を無価値だと感じ、電車に飛び込みたくなったのを必死にこらえ、何とか家に帰ってきたそうです。

もしかすると、Nさんの反応が過敏であるが故にこうなったのかもしれません。

 しかし、Nさんは、人の気持ちが手に取るようにわかる、とても敏感な人であることはたしかなのです。

だから、人一倍傷つくのかもしれません。

 仕事柄、多くの人に会いますが、ヨガを教えている方でも、いろいろな方がいます。

間違った経験をいくら長く続けても、意味がない、と私は思っています。

今、正しい気持ちで努力しているか、それが重要だと考えています。

今、心をここにおいて、一所懸命努力をすることです。

 かずさん、その意味で、頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成川カイロプラクティック オープン

 以前にもこのブログでお伝えしましたが、

本日、成川和久さんのカイロプラクティックがオープンしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kairo_office_yukumi

 実は昨日、かずさんの手伝いに行ってきました。

看板を作るので「ハサミを持ってきて」という指示通りに、とりあえず、ハサミを3本持ってゆくみへ・・・。

看板作りにどうして、ハサミがいるのかなぁと事態がよく飲み込めませんでした・・・。

 ペンキじゃないの?

畳の新しい和室では、かずさんがひとりで何かを書いていました。

 自分で、文字を書き、それを切って、看板にするのだというのです。

明日開業だというのに・・・かずさん、大丈夫? 間に合うの???

 私がハサミで文字を切っているそばから、かずさんがどんどん書いていくので、まったくもって追いつきません。

車と、玄関と、駐車場の入り口などに取り付けるため、沢山の文字を書いて、カットして貼り付けるのです。

「おれ、こういうの好きなんですよね。これまでのいろんなことも、今これ(カイロのお店)をやるためにやってきたような気がするんですようね」

かずさんは、けして慌てず、今をゆったり愉しんでいるんです。

「何時まで大丈夫?」

 お昼までには終わるかなと思っていたのですが、徹夜状態(この段階で一晩徹夜)のかずさんをみていたら、答えられなくなってしまいました。

修禅寺の座禅会に行ってる友人に電話して、

「お弁当買ってきて、ゆくみにきて!」

とお願いし、友人も呼んでみんなで仕上げることに。

お弁当をいただき、しばし休憩してから手分けしてまた看板作りに励みました。

友人は「このデジタル時代に、このアナログってないよね?」

と、驚きながらでも、一生懸命に文字を切っていました。

 残念ながら、かずさんに用事があり4時過ぎで終わりとなり、完成せずに私たちも引き上げましたが、さっきヨガから戻ると、かずさんから、メールと共に看板の写真が送られてきました。

とても素晴らしいできあがりです!

私は心から感動しました。

かずさんはまた一睡もせず(2日眠っていない)に、これを仕上げました。

 自分の手で、ひとつひとつ、作り上げたい、というかずさんの思いが伝わってくる素晴らしい看板です。

業者が作ったスマートな看板ではないけれど、かずさんの思いが込められている凄い看板です。

看板ひとつで、またひとつ会話が弾むような、楽しい雰囲気を出しています。

かずさんが、患者さんに向かい合うときに、手にこだわるのが、よくわかりました。

凄い自信があるからなんです

心を込めて、ひとりひとりによい手技をするのだというパッション(情熱)を感じました。

そうでなければ、安定した地位を棄ててまで、この世界に入ってこないですよね。

人に喜んでもらい、人を癒やすことで、自らも癒やされると言っていた、かずさんのカイロをどうぞ受けてみてください。

(かずさんのふるさと)沖縄の風が、のんびりと吹いてきますよ。

爆睡する前に送ってくれた看板は、こちらです ↓

「yukumi.jpg」をダウンロード

素晴らしいご縁の始まり、いつも光と共にありますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞑想をするということ

 瞑想をするのは、私たちの日常生活の大部分がストレスや不安・苦しみや恐怖によって心が満たされない状態があるためです。

頭を静めて、不安を手放し、心に安らぎと平和をもたらすためです。

周りは気にせず、自分の心だけに集中しましょう。

昔、カナダでのヨーガクラスの時に、最初から最後まで瞑想をしている人がいました。

他の人は黙々と隣でパワーヨーガをやっているのにです。

一度そういうことをやってみようと思ったことがありましたが、実際には行動に移せませんでした。

安らぎを見つけるためには、まずは、自分の中に安らぎを見いだすことです。

自分の中に安らぎを見いだすことで、自分の精神世界をコントロールできるようになるからです。

そこには、あなたを苦しめている恐怖や・不安・悩みや苦悩、というマイナスの感情は存在しないのです。

あなたのまわりよりも、あなたの内面のほうが遙かに広く、深いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »