« この世に神様は・・・・ | トップページ | 7月のヨガ教室 »

お酒とタバコと・・・

 私自身はお酒も飲まないし、タバコも吸わないので、ストレスをお酒やタバコでコントロールしている人を見ると、ちょっと辛くなるものがあります。

適度なお酒は体によいと言いながら、それ以上に口にしているようにも思える人がいます。

健康になりたいと思い相談にくる一方で、相変わらず自分の体に向き合わず、毒を体に入れ込んでいる人が、意外と多いことに驚きます。

「わかる」ということは、本当の意味で「変わる」ということです。

頭でわかっていても、それを実際に行動に移して行かなければ、けして変わることはありません。

よい思いの種があっても、行いが伴わなければ、良い果実は実りません。

 お酒に溺れる人、ニコチンに身を委ねている人、あるいはギャンブルに夢中になっている人、いずれも自分自身を見失っている人です。

自分の感覚が鈍磨になってしまい、良くないエネルギーの渦が体を取り巻いています。

そういう人のそばにいる家族は、ただそれだけでエネルギーを奪われてしまいます。

家族の誰かがアルコール中毒や、ニコチン中毒、あるいはギャンブル中毒にかかってると、家族全体のバランスも崩れ、家族の健康も害されることがあります。

そういう家族からの相談も増えていて、本当に大変な状況だなと感じてます。

特に子どもは影響を受けやすく、傷つきやすいので、まわりが守ってあげなければいけない存在です。

 運転中、食事中にも、ところかまわず女性が、母親が、子どもの前で平然とタバコを吸っている光景は、やはり異常です。

カナダでは、街中でタバコを吸っている人は、ごくごく限られていて、ホームレスか、麻薬中毒患者のようないわゆる「特別な」人でした。

背広を着てちゃんとしている人がタバコを吸う光景など、ほとんど見かけませんでした。

 母親も同様で、特に子どもを連れた母親、父親もタバコを道ばたで吸っている人を敵視することはあっても、自分たちが吸うことなど「普通の親」には、ありえません。

そういう意味でも、日本の現状はたまらなくなります。

感性が鈍くならないように、時々体の声を聞いてください。

 余談ですが、カナダではタバコは体に悪く、まわりの人に迷惑をかける、と言って、否定的なのに比べて、マリファナは肯定的です。

その辺は、日本人の私には理解に苦しむところでもありますが・・・。

|

« この世に神様は・・・・ | トップページ | 7月のヨガ教室 »

身体に良いこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/21895889

この記事へのトラックバック一覧です: お酒とタバコと・・・:

« この世に神様は・・・・ | トップページ | 7月のヨガ教室 »