« ヨガと自律神経との関係 | トップページ | 今月中は入会金が無料です »

第一チャクラの赤は強し

 最近は、個人のコンサルテーションが増えてきました。

病気をお持ちで、食事療法や体質改善・ストレスマネージメントを希望される方、

誘導瞑想を希望し、チャクラを活性化させて、さらなる可能性を見いだそうとしている方、

今よりもっと元気になりたいとウツと闘っている方など、それぞれです。

 昨日は、高校生ふたりがメンタルトレーニングを含めた特別プログラムに来てくれました。

県下でも有名な進学校に通うふたりでも、思うようにうまくストレスをコントロールできなくて、メンタルトレーニングを含めたヨガを学びたいと来てくれました。

 まずは、現在の心理的・肉体的状態をを自分で理解してもらうテストをしてもらい、自分をコントロールしているのが、右脳であるか、左脳であるかなどのチェック、自分の中での克服したいと思う優先順位を決めてもらいます。

 ふたりにはMT法(メンタルトレーニング)を含めたいくつかのアドバイスをして、チャクラを活性化するワークもしてもらいました。

 まずは、基本となる第1チャクラを調整してもらうエクササイズをおこないましたが、このチャクラの色は赤です。

赤は目につきやすい色で、インパクトが強く気分を高揚させ、食欲を刺激します。

強さ、エネルギー自発性、外交性、リーダーシップを表します。

そして、元気と回復力を与えてくれる色です。

・・・・・さっきこんな記事があり、面白いので載せてみました。

審判の判定で勝敗を決める競技って、とても難しい面がありますね。

赤いユニフォームが判定に有利に働く可能性=独研究
8月11日、ドイツの研究チームは、競技で選手が着る赤いユニフォームは、審判の一瞬の判断力に影響する可能性があると指摘。

  北京五輪でメダル争いをする中国人選手にとって、赤は単なるラッキーカラー以上の意味があるかもしれない。

心理学者らの研究によると、競技で選手が着る赤いユニフォームは、審判の一瞬の判断力に影響し、スコアが偏向する可能性もあるという。

 中国では、縁起の良い色としてさまざまな場面で使われる赤色。

タイガー・ウッズもトーナメント最終日に赤いウエアを着ることで有名だ。

独ミュンスター大の研究チームは専門誌「Psychological Science」8月号に掲載した論文で、テコンドーの試合では、青を着用した選手より赤を着用した選手に審判が多くポイントを与えがちであることが分かったとしている。

 研究結果では、赤の選手が平均で13ポイント上回ったほか、青の選手がデジタル加工で赤に変わると点数が増え、赤の選手は青に変わると点数が減ったという。

 研究チームは「異なった色による影響など今後も調査が必要だが、こういった色による偏向が問題になり得る競技では、ルール変更や電子機器による判定支援が必要であることが示された」と指摘する。

中国のあの赤・・・猛烈な強さを感じます。

|

« ヨガと自律神経との関係 | トップページ | 今月中は入会金が無料です »

ヨガ(ヨーガ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/22928364

この記事へのトラックバック一覧です: 第一チャクラの赤は強し:

« ヨガと自律神経との関係 | トップページ | 今月中は入会金が無料です »