« 闇の中で光を見つめる | トップページ | 第一チャクラの赤は強し »

ヨガと自律神経との関係

 ヨガは身体を強くすると共に、リラックスすることができるため、生命を維持する上で欠かせない自律神経のバランスを回復させることができます。

自律神経とは、すべての内臓や血管、ホルモンのバランスを支配しています。ヨガで得られるリラックスによって、この自律神経のバランスが整い、自然治癒力を高めていくことができます。

* ヨガで大切なこと

1.動作はゆっくりすること (はずみをつけると体操になってしまいます)

2.呼吸と動作を合わせること (ケガが少なくなります)

3.痛みに意識を集中させること(余計な雑念が消えます)

4.ポーズを元に戻すときは、ゆっくり味わっておこなうこと

 (自然と自分の身体に目が向き、集中力がついてきます。また、身体の内部の深いところにある筋肉や臓器を感じることができるようになります。意識したところには、気が集まり、気が集まったところは、血行がよくなるので、身体の深部が変わってきます)

 単なる運動だったら、ヨガにこれほど惹かれることはなかったでしょう。

ヨガは奥が深く、とても心地よいものです。

たくさんの気持ちよさを 自分の身体にたっぷりと味わわせてあげてください。

|

« 闇の中で光を見つめる | トップページ | 第一チャクラの赤は強し »

ヨガ(ヨーガ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/22808165

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガと自律神経との関係:

« 闇の中で光を見つめる | トップページ | 第一チャクラの赤は強し »