« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

12月のヨーガ教室 伊豆

早いもので、今日で11月も終わりです。

お正月まであとひと月・・・みなさんはどのように過ごしますか?

風邪も流行りそうですので、充分に体調管理をしてください。

遅くなりましたが、12月の伊豆ヨガ教室の日程です。


 午前中のヨガ 

水曜日 9:50~10:50 11:00~12:00

3日、10日,24日 (17日は 9:50~10:50のみ)

土曜日 13日 11:00~12:00
          (症状別ヨガ) 

 午後のヨガ 

月曜日 1日、22日 13:30~14:40
木曜日 18日、25日 13:30~14:40

 夜のヨガ
 
6日 土曜日 18:50~19:50 ハタヨーガ
         20:00~21:00 ピラティス&ヨガ
  
11日 木曜日 18:50~20:10 ヨガと瞑想 80分

19日 金曜日 20:00~21:00 ピラティス&ヨガ 

23日 火曜日 18:50~19:50 ハタヨーガ
          20:00~21:00 ピラティス&ヨガ

 会場の都合などで、同じ曜日にクラスを作れないことを申し訳なく思います。

 クラスに片道1時間かけて来てくださる方もいらっしゃるようで、嬉しいやら申し訳ないやら・・・。

私の母も(田舎で)徒歩と、バス・電車を利用し、片道1時間15分かけてヨガの教室に行っています。

クラスでは、最年長だそうです。

右脚に(交通事故の際に入れた)大きなボルトがあるため、脚が充分に開かないのですが、若い方たちに混じってマイペースでヨガをやっています。

ヨガのポーズ(ASANA)は、練習すればするほど安定していきます。

そして、やる度にエネルギーの巡りが良くなっていくことが感じられるようになります。

ポーズは、人の心を衷心から安定させ、揺るぎないものとしていきます。

 先日、母が泊まりに来てくれたので、ヨガのクラスで教えてもらったという、いくつかのポーズを見せてもらいました。

 そのポーズにいたるまでしてきたであろう練習の数々、重ねてきた意識ある呼吸、クラスに出るための往復の時間を思うと、尊敬の思いを強く感じました。

 身体の障害を乗り越え、柔軟な若い人たちを横目にしながらも、今の自分を肯定し、努力を惜しまないこれまでの母のひたむきさが見えてきました。

「すごいよ、お母さん」
と思わず褒めてしまいました。

「終わった後がとっても気持ちいいんだよ」
と、嬉しそうに話す母を見て、今そばで母にヨガを教えてくださっているヨガの先生に心からの感謝の念が湧いてきました。

私が母に教え始めたヨガでしたが、今は毎週その先生からヨガを教えていただいて、愉しんでいるようです。

母によいポーズ(ASANA)や呼吸法を新しく教え、身体を矯正してあげて、エネルギーを通し、チャクラを調整してあげました。

たまにしか会えない母ですが、ヨガでも深いところからつながっているような気がします。
 
 あなたにとって、ヨガがあなたの生活を心地よくしますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減量のために

 なかなか思うように痩せられないという質問をよく受けます。

カナダで、おもいっきりふくよかな人々をみてきた私からすれば、みなさん とってもスリムです。

「振り袖のような腕」をお持ちの人たちを、どれだけ多く見てきたか・・・。

しかし、隠すことなく健康的で、すがすがしい思いを感じていました。

 あなたは今のままで充分に素晴らしい存在なのだ、ということをひとり一人から感じていました。

 日本人は、カナダ人と比べるとろうそくのように細い人ばかりなのに、ご自身では自分の体型に満足できないようで、部分的な肉の付き方を改善したいと切実な思いをお持ちの方もいます。

私自身は、みなさんが(ヨガのインストラクターならば痩せていると)期待するほどスリムでもなく、特別にダイエットをすることもありません。

 見た目がよいスリムな体型よりも、健康であることが、なによりも大切だと考えています。

カナダのヨーガインストラクターも、日本とは違い、みな適当にたくましく、健康的でした。

どんなにモデルのようなスリムなボディーであっても、見えないところの内臓が悪かったり、姿勢が悪かったり、精神のバランスが崩れているのでは、なんにもならないと思うのです。

体重や身長など、自分が言わなければほとんどわからないし、わかったところで、それがどんな数字であっても特に何か問題もないのです。

体重に執着しているご自身のバランスを取り戻すことのほうが、なによりも大切です。

(食べたいけれど)食べてはいけないという強迫観念を取り除くことで、体重が減る方もいます。

自分を否定したりしないで、今の自分自身をありのまま受け入れてみてください。

 また、姿勢や歩き方も何十年のかかって作られてきたものなので、すぐには直りません。

無理に直すことは関節やすじを痛めてしまう原因になることさえありますので、できることから少しずつ始めましょう。

目線はいつも前方を見るようにします。

下を向いて歩くと猫背になりやすいからです。

路面も、少し遠くを見るようにして、身長を1cmくらい伸ばすように背骨を起こして歩くことで、自然に腹筋・背筋を使うようになります。

目の前にある風景を楽しみながら、心持ち早めに歩いてみてください。

 消費エネルギーよりも、摂取エネルギーのほうが多いと、余分なエネルギーが体内に貯蔵されます。

当たり前のことですが、今よりもすこし消費エネルギーを増やして、摂取エネルギーを減らしていきましょう。

短時間で急激に減らそうと思わないで、体調が悪くても、年を重ねても長続きできるヨーガなどを選んでください。

ヨーガには、呼吸法や瞑想もあり、簡単なポーズであれば、ベッドでもできるからです。

体重は、必要な時機になったら、健康的に緩やかに減っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レイキヒーリングお茶会が17日に変更になりました

 こんにちは、だいぶ 寒くなってきました。

風邪を引いている方も多くなりましたので、どうか お気をつけください。

 さて、レイキヒーリングお茶会の日程の変更です。

今月のお茶会を10日 月曜日とお知らせしましたが、変更させてください。
すでに数ヵ月前から予定が入っていたのですが、記入漏れでした。

誠に申し訳ありません。

お茶会は、下記の日に変更いたします。 

翌週の 17日 月曜日 午後8時から10時半までの2時間半です

場所は私の自宅ですので、 お早めにご連絡ください。

 レイキって、どんなもの???と思っている方の参加も歓迎していますので、遠慮なくメールや電話をしてください。

ヨガのクラスの時に、直接申し込んでいただいても結構です。

 お楽しみに・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »