« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

車上狙いにあって・・・

 火曜日の沼津ヨガの前・・・いつも荷物を取りに行く場所があります。

車から降りて、その荷物を取りにその場所まで行って戻ってくる間の ほんの1分か、多くても2分の間に犯行は行われました。

少し暗くなりかけていたので、車内の様子は よくわかりませんでした。

少し脚が寒いのでブランケットに手を伸ばしてもつかまらず、シートの下をまさぐっても手が触れないので、次の信号で室内ライトをつけたところ・・・何もない。

持ってきておいた バックもない。

 車から荷物を取られた????!!! 血の気がひいてしまいました。

おまけに携帯電話もない。

その日に借りたばかりの代車だったので、車に余分な小銭も入れていませんでした。

戻ってすぐに警察に知らせないといけない・・と思いながらも クラスの皆さんが待っているので、苦渋の決断で車を沼津方面に走らせました。

バックの中には 現金 運転免許証 大事なカギ お気に入りのCD数枚、大切な本 思いつくままを書き留めたりスケジュールなどを記載してあった大切な手帳も・・・。

 クラスを終えて警察に届けましたが、遅い時間なので現場検証は後日と言うことに・・・。

 しかし、現場検証をさせていただくという旨をその場所の方に伝えると、

「商売をやっているので、こういう事件があったということも、パトカーが家に来ることも、警察がうろうろすることも大変迷惑 やめてほしい」
と、言われ 結局車上狙いにあった被害届を正式に出すことができなくなりました。

自分が正しいことだと思っていること、当然の権利、ごくごく自然なこと、けして悪いことでもなんでもないことでも

それを拒み、非難し、遠ざけようとする力が実際に存在することに 正直唖然となりました。

悪い噂を立てる人の存在、ねたみによって 商売がうまくいかなくなるということも 多々あるそうなので、大変な迷惑をかけるということならば 本意ではないですから、今回私は手続きを断念しました。

 

 自分が同じ立場で 大切なお客様が目の前の駐車場で車上狙いにあったら 私は同じことをするだろうか。

こういう場合でも 人の目を必要以上に気にしたり、変な噂を立てられたら商売がうまくいかなくなったら困ると不安になったりするだろうか・・・。

 私はそんなわけのわからない人たちを相手にしたりしない。

今目の前にいる、被害にあったその人の心情を汲んでできる限り協力をすると思う。

そんなことで、悪い評判が立ったとしても、周りから白い目で見られることが仮にあったとしても 少しも気にとめない。

何か毒があるようなことを言いたい人たち、私に対して悪意を持っている人は スキをつかまえて なんでも拵えるものだから。

そんなことにつまらないエネルギーと時間を費やさない。

いつも、どんなときでも 目の前の人に対して誠実に仕事をしていたら、必ず結果はついてくる。 

 今回のことを通して多くのことを 学ばせていただきました。

これから先、自分がどこに視点を置いて生きていくことが必要なのかも 示されたような気がして このことは私の中で 過去のものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

核施設の近くに広がるプルーン畑

 自宅の近くに住む一人暮らしの方から 時々買い物を頼まれることがあります。

果物がお好きなその方のために 西浦産のミカンやりんご、そしてプルーンを買いました。

その方は、仕事で世界各国を回っていたので、外国では いつもたくさんのフルーツを食べてきたそうです。

プルーンが大好きなんです・・と喜んでくれたのですが、その先に続いたのは 深刻な内容でした。

 10年ほど前、アメリカのシアトルから 車でかなり離れた ある街を取材したときのこと。

プルトニウムの核施設の周りは100キロメートル四方立ち入り禁止で囲われていますが、その周りは居住地になっていて、たくさんのプルーン畑が広がっていたそうです。

核施設から100キロメートル以上離れているにもかかわらず、その居住地に住んでいる人の間で健康被害が続出していたのだそうです。

奇形の赤ちゃんが数多く生まれていたのです。

ひとつ目の子どもや、脳のない子ども、身体の奇形も含めて、目を覆うような写真を次から次へと見せられたそうです。

 地下水の汚染か、プルトニウムの影響からくる健康被害ではないかと、地元の新聞は大きく取りあげるのですが、政府は核による影響はない、とそれをはね除けているようでした。

どこからやってくるのかわかりませんが 目に見えないところで 何かが深く潜行しているのは確かでした。

 果物が大好きなその方も、取材の後、ホテルで出されたプルーンを喜んで食べることはできなかったと 語ってくれました。


 誰が語ったのだったか、こんな言葉があります。


原爆は あなた(日本人)の上にも落ちた。

 けれど、私の(アメリカ人)の上にも 落ちた。

そして、未来の子どもたちの上にも (原爆は) 落ちたのです。 

レイキヒーリングやリコネクション・前世療法などの施術はこちらから見られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後だと わかっていたなら

 ブログを通してメールをするようになった Oさんと 連絡が取れなくなりました。

Oさんは 深刻な病気を抱えています。

Oさんのリクエストで 遠隔レイキを仲間と共に送り続けているのですが 連絡が取れないので 気になっています。

 カナダにいた時に住んでいたアパートにピアニストがいました。

83歳だと話していました。

子どもはたくさんいるけれども、独り暮らしでした。

心臓が悪いので、3階から同じアパートの1階に引っ越しをしている最中に知り合いになりました。

微笑みながら優しくハグしてくれる、温かい人でした。

映画俳優のようにダンディーな方で、ゆっくりと話してくれるので 彼の英語が好きでした。

アパート内で出会う度に、コーヒーを飲みにおいで!、ピアノを弾いてあげるから、と誘われていたのに、手作りのスコーンを運んだだけで、一度もコーヒーを炒れてもらうことなく、彼はある日突然 静かに旅立ちました。

彼が亡くなってから、家族が彼の食器などをアパートの玄関に置いていきました。

必要な人はどうぞお持ちください、と言う意味です。

 その中の ステキなメキシコのカップ&ソーサー、ステキな陶器の菓子器を日本まで持ち帰って 今も大事に使っています。

その向こうに彼がいれば もっとステキだったでしょう。

 あれが最期になるなんて夢にも思わなかったのに・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=CX5iZx7FIok

 YouTube  『最後だとわかっていたなら』

 この曲を聴いてほしいのですが リンクがうまく張れません。
コピーして貼り付けてみてください。

 今この瞬間を大切にしてくださいね。

ヒーリング・前世療法などの施術内容はこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんなに忙しくても・・・

故障していた床暖房が復活し、やっと 温かさが戻ってきました。

すごくホッとしています。

温かさが、からだも、こころも ゆるめてくれます。

 最近、足の裏から寒さがじーんと伝わっていたので、いつもは家では裸足で生活しているんですが、さすがに靴下が手放せませんでした。

 温かくても なんとなく、スリッパは 苦手です。

混雑しているところ、渋滞、行列も苦手なので、最近 高速道路を走っていません。

ETCは、なんのため?

・・・地球温暖化対策、どこに行ってしまったのでしょう?

連休なのでどこかに行きたいのですが、どこも混んでいそうですね。

 それに、この時間なのに、未だに子どもは夢の中です。

・・・・・・・・・・・・

 いい加減、そろそろ起こさないと。

 どんなに忙しい毎日でも、あなたが好きなことができる時間を 一日のなかにとっておきましょう。

自分だけのとっておきの時間。

帰ることができる、安全な場所。

全てを忘れて、没頭できる対象。

心の奥から拡がる、充実感。

 それが、あなたの生きる日々を支えてくれます。

ヒーリング・前世療法などの施術はこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまずいて 転んでしまいました

 台風は大丈夫でしたか?

 みなさんのお宅への 影響はなかったでしょうか。

今晩、どなたも ヨーガに行っていないことを祈ります。

思い当たる方には全て メールをしたのですが、もしも どなたかヨーガに行っていたら、後日教えてください。

 次回のヨーガは無料にいたしますので。

 お恥ずかしい話ですが、今日 転んでしまいました。

両手に荷物を持って歩いていて、地面から出ていた ロープに気づかず・・・不覚にも片足を引っかけたまま膝と両手を強打しました。

 まさに、スローモーションです。

近くには水場がなかったので、近くのスーパーに立ち寄って 水を出して良く洗いました。

 砂が中に深く入って取れなかったので、自宅に帰ってから 針で懸命にとりました。

 それから ゆっくり 自分にレイキヒーリングをしました。

レイキヒーリングは 手当療法です。

小さい時、転んで泣きながらお母さんの所に行くと、

「痛いのいたいの飛んでけー!」

なんて、おまじない掛けてもらいながら触ってもらって なんとなく 軽くなったような気分になりましたよね。

 アレは、実際にお母さんの手からも エネルギーが出て 患部に浸透していきます。

手の労宮(ろうきゅう)という所からです。

だれでも、気(エネルギー)は少しだけ出ます。

 レイキヒーリングは、アチューメント(という行為)を通して、もっとたくさんのエネルギーを通せるようにして、自分自身や家族を癒やしてあげるものです。

 また、能力開発、自己啓発としても、注目を浴びています。

 潜在意識と関係する、脳の中の松果体を刺激するからです。

レイキは お母さんの子どもへの無償の愛と 同じ源から やってきます。

その人の本来の力を呼び覚まし、願望や夢を実現するためや、瞑想にも 活用できます。

 不安定な世の中をこれからどのように生きたらいいのか、という基本的なことを、私はレイキから学びました。

レイキは、私の軸になり、そして、心の平安定を手に入れることができました。

  個人的には もっと以前から このレイキヒーリングにふれていたら もっと 後悔しない人生を歩めたのではないかと感じています。

 私は他にも別のヒーリングを行っていますが、子どもは レイキヒーリングが一番好きなようです。

さわってもらっているうちに、安心して眠れるようです。

小さな子どものうちから、たくさん やってあげたかったな・・・。

結婚前、お子さんがほしい方、子育てを愉しみたい方などにも オススメです。

人生が良い方向に加速します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の伊豆ヨーガは 中止します

 こんにちは、急なお話で申し訳ないのですが 明日の8日木曜日夜のヨガは中止させていただきます。

かなり大型の台風が迫ってきているようですので、大事をとって 休みます。

ヨガに来る途中で、崖崩れなどに遭遇したり、交通事故に遭ってしまっては申し訳ないですのでそうさせてください。

台風の速度が変わるかもしれませんが、念のため、9日金曜日19:30~に変更します。

 場所は同じ一階和室です。

大型で強い台風だそうですので どうぞ 充分に家のまわりなど被害が大きくならないように留意なさってください。

崖崩れなどにも遭わないように、道路によく目を配ってください。

どうか、ご無事で、お元気な姿で またお目にかかれますように・・。

今日も、穏やかな一日をお過ごしください。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が存在している この片隅を・・・

 赤ちゃんの頃から知っている生徒たちを対象に 学校でリラクゼーションを教えています。

そんな影響からか、彼らと一緒にいると私自身も自然体でいられます。

今流行のズボンをずらす「下げパン?」をしている子も中にはいますが、みんなまだまだ子どもの域で、くったくなく、明るく、可愛い子どもたちです。

 田舎だということもあり、男の子がみんなでどこへ行こうか?という話になったときに

「川!)」

ということに なったそうです、未だに。

信じられないくらい のどか・・・。

 たくさんのクラスを回っていると、それぞれに個性があり、同じことをやっていても、その時間がまったく別のものになっていきます。

それぞれの子どもが持っている 力 雰囲気 エネルギー が違うからなのでしょうね。

 最後に仰向けになって シャバースナ(くつろぎのポーズ)をするのですが、緊張をとる方法には、笑うこともいいんだよと話す必要もなく、いつも笑顔が自然にでている子どもたち。

 今自分が存在している この片隅を その笑顔と、優しさと、ひたむきさで 輝かしいものにしていってください。

 みんなが これから未来を作っていくんだから。

太陽のような明るさに包まれて、幸せな時間を過ごせました。

 今日がみなさんにとって 輝かしい一日になりますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »