« どんなに忙しくても・・・ | トップページ | 核施設の近くに広がるプルーン畑 »

最後だと わかっていたなら

 ブログを通してメールをするようになった Oさんと 連絡が取れなくなりました。

Oさんは 深刻な病気を抱えています。

Oさんのリクエストで 遠隔レイキを仲間と共に送り続けているのですが 連絡が取れないので 気になっています。

 カナダにいた時に住んでいたアパートにピアニストがいました。

83歳だと話していました。

子どもはたくさんいるけれども、独り暮らしでした。

心臓が悪いので、3階から同じアパートの1階に引っ越しをしている最中に知り合いになりました。

微笑みながら優しくハグしてくれる、温かい人でした。

映画俳優のようにダンディーな方で、ゆっくりと話してくれるので 彼の英語が好きでした。

アパート内で出会う度に、コーヒーを飲みにおいで!、ピアノを弾いてあげるから、と誘われていたのに、手作りのスコーンを運んだだけで、一度もコーヒーを炒れてもらうことなく、彼はある日突然 静かに旅立ちました。

彼が亡くなってから、家族が彼の食器などをアパートの玄関に置いていきました。

必要な人はどうぞお持ちください、と言う意味です。

 その中の ステキなメキシコのカップ&ソーサー、ステキな陶器の菓子器を日本まで持ち帰って 今も大事に使っています。

その向こうに彼がいれば もっとステキだったでしょう。

 あれが最期になるなんて夢にも思わなかったのに・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=CX5iZx7FIok

 YouTube  『最後だとわかっていたなら』

 この曲を聴いてほしいのですが リンクがうまく張れません。
コピーして貼り付けてみてください。

 今この瞬間を大切にしてくださいね。

ヒーリング・前世療法などの施術内容はこちらです

|

« どんなに忙しくても・・・ | トップページ | 核施設の近くに広がるプルーン畑 »

癒し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/31810955

この記事へのトラックバック一覧です: 最後だと わかっていたなら:

« どんなに忙しくても・・・ | トップページ | 核施設の近くに広がるプルーン畑 »