« 4月のヨーガ | トップページ | 最後だとわかっていたら »

静かな別れ

昨日は 親しくしていた方とのお別れがありました。

危篤の知らせをいただいたのは12日朝。

私は仕事でメールに気がつかず、夜になってクラスが終わったあと病院へ向かいました。

度々痙攣を起こしているので、とても苦しそうでした。

意識はすでにないのですが、目を見開いて速い呼吸を続けていました。

まさに、肩で呼吸をされていました。

 ご家族も (ご本人が)もう充分に頑張ったから、楽にさせてあげたいと話していました。

ご本人も、ご家族も 本当に頑張ってきたのです。

朝にはもういつ逝ってもおかしくないと医師から言われていたのですが、お体が丈夫なのでしょうね、ずっと頑張って呼吸を続けていました。

お会いできないかもしれない状況でしたが、ご本人が頑張って 呼吸を続けてくださり、いのちが繋がっていました。

 その姿を拝見し、本当に息は人を生かしているのだな、強く感じました。

深夜まで付き添っていましたが、家にも戻らなければいけないので これで最後かもしれないと思い、心を込めたお別れをしました。

帰宅し、早朝 「クラスが終わったらまた伺います」とメールしたその返信で、

「たった今、息を引き取りました」

と、メールが来ました。

 葬儀は親しい方のみで 静かに執りおこなわれました。

お骨も拾わせていただきましたが、その方が好きだった 紫色に染まっていたのが とても嬉しかった。

小さな体でしたが、とても丈夫な骨をお持ちでした。

 不自由な体から離れて、いまは 楽になったんですね。

クリアな脳で、今は何を思うのですか。

あなたの魂が 迷わずに行くべきところへ 流れていきますように、レイキを送ります。

 
 誕生の時、世界は歓び、私は泣く。

 死の時、世界は泣き、私は喜ぶ。

合掌。

|

« 4月のヨーガ | トップページ | 最後だとわかっていたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

御冥福お祈りします!
レイキを送る事が出来て良かったです!!

投稿: カズ | 2010年4月15日 (木) 22時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/34234451

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな別れ:

« 4月のヨーガ | トップページ | 最後だとわかっていたら »