« 浜岡原発関連、放射能による人身被害を防止するために 情報 | トップページ | 助けようと思ってしてくれたのだから・・・ »

カナダからのメール転送&Tさんからの伝言

 私の大切なお友達 カナダのかおりさんからメールが来ました。

みなさんとシェアしたいと思います。

福島原発がとても寂しがっていますので、皆で一緒に愛と感謝をたくさん、花束のイメージとともに贈りましょう!

福島原発は4基あります。

インナーチャイルドの癒しの応用です。

プルトニウムにも意識があります。

今まで無償の愛で私たちの快適な生活のためにエネルギーを電力に供給してくれました。

「今まで本当にありがとう!深く感謝しています」と抱きしめるイメージで愛と感謝と花束を贈りたいと思います。

イメージなので、ハグをしても大丈夫です。

被爆しません。

むしろパワーをもらいます。

熱を受け取るイメージでクールダウンの応援をしましょう!

必ず落ち着いてきますので、今日は原子力発電所の原子炉さんに愛の祈りをしましょう!

今日もみんなで一緒に愛の祈りをしましょう!

必ず、日本は蘇ります。地球は大丈夫です!!

それでは、また!
                       笑いの天使・越智啓子より

 
太ももに日本地図を書いて、被災地のどこでもいいから、誰かが一分でも気持ちが休まりますように みたいに気を送ったりニュースをみながら、画面に送ったりしていました。

でも自分が不安で、どうかこの現状のレイキの力が届きますように みたいな形でしか遅れなかったのですが、このメールをもらって、そうか、そうだな。

 さんざん今までお世話になっていたのに、今度は原子炉を悪者扱いに怖い怖いという思いしかなかったことに、気が付きました。 

きっとカナダからもニュースをみて、こちらからは何も出来ずに、でも不安に思っている方がカナダにたくさん居ると思います。

何かの役にたつかな と思い、とりあえずメールしました。

 
 ふたつめ

レイキやヒーリングで夜8時(コールイン)に参加して下さっている皆さまへ

先ほど リーディングをされているYumiさんからがありました。

どうやら被災地では頑張って助けを待って生きていらっしゃる方々がいるということでした。

なので ヒーリング+早く見つかるようにとどうか元気で頑張っていられるようにということも願いつつヒーリングを送って欲しいとのことです。

皆さん信じて 出来ることを頑張りましょう

以上です。


 どんな現実であろうと あのまま受け入れる しなやかな強さを 身につけたい。

哀れんでいる暇など ないのですから。

どんな変化であろうと 受け入れていく覚悟でいきます。

|

« 浜岡原発関連、放射能による人身被害を防止するために 情報 | トップページ | 助けようと思ってしてくれたのだから・・・ »

地球のためにできること」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。はじめまして。
伊豆在住の清子と申します。

最近ときどき、柊様のブログを拝読しております。

節電の折ですが、ほかに調べものがありPCを立ち上げたのでなにげに寄ったところ・・・ちゃんと呼ばれてきたのですね。

ちょうど今日私も、「なかなか福島原発が落ち着かないのはなぜだろう」と考えていて

(ああ、いままで私達のために一生懸命電気を送ってくれていたのに、皆がこんな風に怖がっていては、原子炉もきっと悲しいだろうな。私だけでも愛を贈ろう。)

と思っていました。

プルトニウムも同じ地球の仲間ですものね。

同じ思いの方がこうしていらっしゃることに元気をいただきました。

福島原発もきっと落ち着きを取り戻しますね。

ひとつでも多くの人が、存在が救われますよう、私も東北と地球に愛を贈り続けます!

初対面で長々と失礼致しました。

ありがとうございました。

投稿: 清子(サヤコ) | 2011年3月17日 (木) 00時52分

 こんにちは 清子さま。コメントをありがとうございました。憎しみや恐れからは すばらしい未来は生まれてこないですものね。
愛から 始めたいです。
 これからも 目には見えないけれど 手をつないでいきましょう。コメントうれしかったです。
清子さまも十分にご自愛ください。 柊

投稿: 柊 | 2011年3月17日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/39247056

この記事へのトラックバック一覧です: カナダからのメール転送&Tさんからの伝言:

« 浜岡原発関連、放射能による人身被害を防止するために 情報 | トップページ | 助けようと思ってしてくれたのだから・・・ »