« レイキアチューメントを受けたいのですが・・・ | トップページ | 明けましておめでとうございます。1月の伊豆ヨーガ »

深海魚水族館&シーラカンスミュージアム 行ってきました。

 沼津の深海魚水族館&シーラカンスミュージアムに 行ってきました。

 この水族館の館長の石垣さん とはご家族でヨガのクラスに来てくださっているご縁で、「深海魚水族館建設」のお話は以前からよくお聞きしていました。

ヨガのクラスでかけているCDが、水族館にも マッチしますね、とか 

最後のリラクゼーションを水族館でもやれるといいですよね・・とか

ヨガをしながらも いろいろと構想を練っていらしたので、石垣さんはどんな水族館を創られるのか 非常に興味がありました。

 石垣さんはすでにさまざまなメディアにも度々登場していて かなり有名な方なのですが、

それでも「水族館」という響きがあまりにスケールが大きくて 財政面で大丈夫なのかな・・と勝手に心配していましたが、石垣さんの奥さまから 

「本当に有り難いことに、たくさんの方々からのサポートがあるので・・・」

と、教えていただきました。

 実際、たくさんのオフィシャルスポンサーがサポートしてくださっています。

 たしかに お話を伺うたびにとても魅力的な方だな・・・・と クラスの皆さんも同様に感じていました。

女性に混じって男性1人だったのですが、臆することなく みなさんと和気あいあいにヨガをしてくださっていました。

石垣さんの夢が叶ったので 早く行きたかったのですが なかなか調整がつかず遅くなってしまいました。

 深海魚水族館は沼津の魚市場の一角で、建物も一際目をひきます。

買い物前に気軽によれる場所にあり(結構、長居してしまいますので「刺身」を持ったままはお勧めできません)そのまわりは食事ができる「港八十三番地」もあります。

年末なので買い物客がかなり目立ったのですが、この時期水族館はどうでしょう・・・と思って行ったのですが、大変な混みようでした。

家族連れやカップルも多く、とても賑わっていました。

一つひとつ丁寧に見ている方が多く、ゆっくりゆっくりすすんでいましたが 特に私たちも気になるここともなく たっぷりそれぞれのコーナーを見ることができました。

 特に気に入ったのが、「カラージェリー」という クラゲです。

色がいろいろで、形もぽわ~としてとっても可愛い 癒し系です。
「j.jpg」をダウンロード

・・・うまく言えないのですが、それぞれの生き物の特徴を生かした展示の工夫をされているなと思いました。

 例えば、「ヌタウナギ」のコーナーでは 刺激をするとヌタ(どろっとした粘液)を出すと書いてあるだけでなく、実際にウナギが刺激を受けてヌタを出すところを実演し、ビデオで映して見せているので、とても面白かったです。

半端でない量が出るので、ヌタをかけられた相手はそのヌタで口などがふさがり息ができなくなり、窒息することもあるそうです。

・・・まさかあんなに大量に出るとは ビデオを見ないとわからないことです。

 また、1階のコーナーに暗闇の部屋を用意して、「魚の目の下にある光(プランクトンを寄生させている)」だけを見せる演出も 深海ならではの特別の世界を味わえます。

・・・自分も深海魚になった気持ちで泳ぎました。

 深海という光の届かない暗い環境の中では、自らが光を出して生きていく ことが 必要なのでしょう。 

2階は「シーラカンスミュージアム」になっていて 3体の剥製と2体の冷凍標本となった シーラカンスを間近に見ることができます。

圧巻です。

1981年から10年間にわたっておこなわれた『日本シーラカンス学術調査隊』のコモロ諸島での調査結果が、シーラカンス捕獲に使われたカヌーや釣り具、貴重な水中映像と共に展示されています。

シーラカンスの鱗にも触れることができて 「ウロコ」から古代の記憶にフォーカスして ちょっと興奮しました。

他ではなかなか見ることができない、神秘的な深海生物やシーラカンスを是非ご覧ください。

縦ですみませんが・・・直せません。ごめんなさい

「c.jpg」をダウンロード

コーナーごとにそれぞれ異なる、素敵な音楽も流れています。   

 水族館を出た後、お魚を求めて市場を歩いたのですが、手長エビとか とげとげのカニ(すみません名前思い出せません)などが 当たり前のように売られていて、それぞれの生き物に(人間が考えた)値段がついているのが なんだか 不思議な感覚でした。

 魚市場のどこでも食事ができるので、是非 「深海魚水族館」へお出かけくださいね。

|

« レイキアチューメントを受けたいのですが・・・ | トップページ | 明けましておめでとうございます。1月の伊豆ヨーガ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/43565585

この記事へのトラックバック一覧です: 深海魚水族館&シーラカンスミュージアム 行ってきました。:

« レイキアチューメントを受けたいのですが・・・ | トップページ | 明けましておめでとうございます。1月の伊豆ヨーガ »