« 声を出してみる | トップページ | ヨーガをスタートして今春で11年目 感謝を込めて »

灌仏会 修禅寺真常さまのこと

 毎月1回古奈公民館で 明正薬局さま主催のヨガがあります。

10時からの一時間、この教室もあとわずかとなりましたので どうぞご都合がつけばぜひお出かけください。

名残惜しいですが この世のすべては移り変わるのですからね。

古奈公民館で 11時まで(ですが いつも延長してしまいます)。

お申込み、お問い合わせは 伊豆の国市古奈 明正薬局さままでお願いいたします。

明日10時から 心からお待ちしています。

 早朝のラインで目覚めた今日は 「ありがとう」という名前のアジサイの写真から始まりました。

その流れで、久しぶりの修禅寺へと足を運びました。

今日はお釈迦様がお生まれになった日。

灌仏会や、花まつりとも呼ばれています。

御詠歌を聴きたかったのですが、とても素晴らしかったです。

御詠歌は人から人へと詠い繋いでいくものです。

灌仏会では、お釈迦さまの誕生仏に甘茶を注いでお祝いをします。

修禅寺の本堂に上がらせていただき、合掌・礼拝をし小さなお釈迦さまに甘茶をかけさせていただきました。

 灌仏会の後、ご住職の真常さまが着替えてお見えになって私を見るなり

「柊さん、うさぎを見に行きましょう」

と、声をかけられました。

「えっ 今? うさぎですか?」

 真常さまの私邸に通されて縁側にあるゲージを指さしながら

「このうさぎが可愛くてね・・・・」

とひとしきり うさぎのお話で盛り上がりました。

「どうですか、どのこでも (全部で4匹 たしかにどのこも可愛い)柊さんに差し上げますよ。ちょっと考えてみてくださいね」

と頼まれました。

「真常さん、うさぎはどんなふうに育てたら 幸せなんでしょうか?」

と、たずねてみました。

幼い頃、父が私のためにと買ってきてくれたうさぎをあっけなく死なせてしまったことがあったので、うさぎはストレスに弱いように感じていました。

 このうさぎ達が持って生まれた一生を幸せに、本来の生を全うできるように 幸せに生きられるなら・・・飼って育ててあげたいです。

本などをよく読んで本当に自分に飼えるようであれば。


 半年ぐらい前に 犬の散歩の途中の真常さまにお会いした時には

「柊さんは やぎ 飼いませんか?」

と 山の上に案内されたこともありました。

「やぎは 本当にかわいいですよ。人懐っこくて、本当に可愛いんだ!」

と、しみじみと色々なお話をしてくださいました。

 
 どうして真常さまはいつも私に いきものを飼うことをお勧めになるのかな。

いきものを飼うことを通してしか学べないことが きっとあるからなのでしょうか。

 
 道端で亡くなっている轢かれた動物の死骸をきれいに集められて 龍泉寺のお近くに葬られていらっしゃる真常さま。

 この世のいきものすべてに注がれる深い愛情を、そしてその一言一言に込められた誠をこの身を通して感じることができる有難さを今日も味わうことができました。

本の中ではなく、今この瞬間にリアルに真常さまから教えを受けることができる幸せを噛みしめています。

暫く座禅会に顔を見せていない私にも、いつも変わらずあたたかいお言葉をかけ気にかけてくださること、ただただ有難いです。

 修禅寺に この真常さまがいてくださって本当に本当に良かった。

|

« 声を出してみる | トップページ | ヨーガをスタートして今春で11年目 感謝を込めて »

生きるヒント」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、柊さん。
修善寺のご住職さまから、
やぎをすすめられたとは・・・(゚0゚)
どんな生き物も愛してしまう素敵な方ですね。

そして柊さんの、
「…生を全うして幸せに生きられるのなら飼って育ててあげたい。」
そうやってどんな生も大切にされるのはご住職さまと同じですね。
一生懸命本を読まれて柊邸には、ウサギ小屋と山羊の部屋ができるのでしょうか(笑)

素敵なお二方のお話にほっこりしました。

修善寺、またゆっくりと歩きたくなりました。

投稿: おにぎり | 2018年4月12日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/73256913

この記事へのトラックバック一覧です: 灌仏会 修禅寺真常さまのこと:

« 声を出してみる | トップページ | ヨーガをスタートして今春で11年目 感謝を込めて »