« タゴール 「祈り」の歌 | トップページ | 明日はラフターヨーガ スペシャルです! »

ラビンドラナート・タゴール 「祈り」の歌

インドのコルカタで生まれたラビンドラナート・タゴールは1913年にアジア人初のノーベル文学賞に輝きました。

インド国歌もバングラデシュ国歌もタゴールの作詞によるものです。

日本にも5回訪れています。


 「どうかわたしをお救いくださいと

わたしは祈りません

彼岸に渡る力がわたしにありますようにと祈ります

あなたがわたしの重荷を軽くし

慰めを与えてくださらなくても

その荷を担えますようにと祈ります

幸せの日はうやうやしく

あなたのお顔を拝しましょう

苦しい夜に世の中の人がみんな

わたしを欺いても

あなたには夢にも疑いを抱きませんようにと祈ります」

 
 何を信じ、どこに拠り所を求めるかで人生は大きく変化していきます。

今、この一つひとつの選択を 慎重に。 

|

« タゴール 「祈り」の歌 | トップページ | 明日はラフターヨーガ スペシャルです! »

生きるヒント」カテゴリの記事

コメント

全てを飲み込んでしまう程の荒れ狂う自然の力を前に、人間の力はなんて微力なんでしょう。

怖がらないように。
悲しみに打ち勝てますように。
自分の力が萎えないように。
心が萎えないように。
……

思いもよらない祈りでした。

このタゴールさんから祈りは、内面のエネルギーの元になり、一人一人の生きるエネルギーに変換されるでしょう。

しっかりと足を地につけて、
今を大切に生きたいと思います。

投稿: おにぎり | 2018年7月22日 (日) 22時28分

おにぎりさま
こんばんは
いつもコメントしてくださいましてありがとうございます。言葉には大きな力がありますね。私は言葉が心の拠り所になることが多いです。
 ヨーガでマントラを唱える時がありますね。
どんな言葉を唱えるかで、自分の気持ちやエネルギーにも影響が及びます。素晴らしい言葉を詩や物語の中から見つけて自分のマントラにするのもお勧めです。
愉しんでください。

投稿: 柊 | 2018年7月25日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/73842530

この記事へのトラックバック一覧です: ラビンドラナート・タゴール 「祈り」の歌:

« タゴール 「祈り」の歌 | トップページ | 明日はラフターヨーガ スペシャルです! »