« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

その願望に執着しているから

 「幸せになりたい」

と、真顔で人から言われました。

思い通りにならないことばかりで、人生に失望しているとも。

その人の中で「何か」が終わったのですが、それを受け入れることができません。

怒りや恨みは 去ってしまった人に向けられているようでも、実際には自分自身の身体が緊張し、硬直します。

痛みから解放されるために、それを忘れられる手段があれば何でも手を出してしまいます。

それが、例えば体に害があり、依存性のあるものであっても。

ひとときでも、「そこ」から解放され、忘れられればいいのです。

時には これまで経験したことのないような快感が人生に起きてきます。

悲しみや苦しみから解放してくれるそれらの快感は同時に身体に大きなダメージももたらします。

それは度々心身に備えられているアラームが鳴って知らせてくるのですが、「それ」と気づくことはできません。

知らない間に 衰弱していきます。


 すべては、その執着を手放せば 終わるというのに。 

「希望を糧として生きるものは、飢えて死ぬ」
             (Benjamin Franklin)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィルターをかけて

 昨日の台風の影響は どうだったでしょうか。

激しい雨音で度々目が覚めて眠れなかったです。

 でも、今こうして無事でいられるならば 十分です。

 除湿機の水を交換するのが日課になっている今日この頃です。

驚くほど大量に水が溜まっています。

除湿機の背部にはフィルターがあって、時々そちらもきれいにします。

空気の汚れをふるいにかけてくれるフィルターは、私たちの心にもあります。

心には、フィルターがあって、莫大な情報を振るい落としてくれています。

これがなければ、私たちは正気ではいられないでしょう。

 しかし、自分の精神状態がズレてくると、このフィルターの性能も変容します。


 初めから目が見えていた健常者は目にも心のようなフィルターがあって、情報をふるいにかけています。

人生の途上で目が見えるようになった方は、目に映る莫大な情報を振り分けることができないので、慣れるまでは相当大変だとテレビで見たことがあります。

 時々、自分のフィルターをチェックしてください。

 「自分が病気だと考えるとき、

たいていはその病気は心の中だけのものである」
                    (Thomas Wolfe)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日の夜ヨガはお休みさせていただきます

 台風の進路が気になりますね。

相当量の雨が降るとの情報がありますので、本当に心配です。

被災地に更なる雨が降りそそぎそうで、どうか逸れてくれますように。

誠に残念ながら 明日の夜ヨガはお休みさせていただきます。

 外出を控えて お家でお過ごしください。


また、次回を楽しみにしています。

 何方にいても 護られますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分自身ともっと寛いで

先月は、イベントが多くいろんな場所で新しいご縁をいただきました。

下旬には小中学校の教職員のみなさまを対象にヨーガをおこなう機会をいただきました。

スタジオで教えるきっかけを作ってくださった元ボスを含めて4名のインストラクターが参加しました。

ヨーガの内容についても あらかじめ関係者の先生方にこまやかなご指導いただき、前日までラインでのやり取りが続きました。

それぞれのインストラクターが得意分野を生かした内容を決めて、先生方に受講したい内容を選んでいただく形になりました。

当日はとても暑く、待合室で待機している間にみんなで冷感シートを塗りまくって体を冷ましてから臨みました。

 この暑さでも公立の学校ですから冷房はありません。

私は武道場でしたが、窓を開けたり出入口を解放していただいたので、時折風が吹き抜けていきました。

およそ1時間だったからもったような感じでしたから、数時間おこなう部活動などでは今後は冷房を入れてあげて欲しいと切に思いました。

私は「心を安定させるヨーガとマインドフルネス瞑想」をさせていただきましたが、先生方は非常にまじめで真剣に取り組んでくださいました。

いろんな学校の先生方が参加されましたので、先生同士知らない方も多かったのか、最初は緊張感に満ちていましたが次第に柔らかな雰囲気に変わっていきました。

最後の20分頃になるとだいぶ緩んでいただいたようで、最後のシャバーサナでは半分ぐらいの方はお休みになったままでした。

 仕事柄、緊張が恒常的になっている先生方も、時にはスイッチを切り替えて自分自身ともっと寛ぐ時間をもつことが必要です。

ストレスの多い環境では基本的なからだの機能・・・消化、吸収、血液製造、身体維持、治癒、免疫反応は低下しやすいのです。

長く仕事を続けるのでしたら、意識的にせめてニュートラルに戻してほしいです。

「あなたの今のままの状態で

できる限りで、

できることをしなさい」
   (Theodore Roosevelt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い記憶をよびさまして

富山に引越したヨーガの生徒さん(と言っても私よりもはるかに人生の先輩)から、時々電話をいただきます。

今日も、車を運転中に電話があり、1時間ほど話が続きました。

まだまだ、話し足りないと言っていましたが、終始笑いが絶えないおしゃべりになりました。

 まだ、こちらの会社の会長職にあるので、時々はこちらのお家に帰宅されるので、先日は1年ぶりの再会を果たしました。

機械の組み立てや経理、パソコンの使い方に至るまで学校で一度も習ったことはなく、そして誰からも教えてもらうこともなかったのに、何でもできてしまったことは以前から伺っていたのですが、本当に不思議な方。

「自分は(機械の仕組みなどを)知っていたとしか、思えない。どこかの人生でそういう仕事をしていたのでなければ、あんなことはできなかった」

「自分の中に眠っている遠い記憶をよびさました感じ」

と、言われていましたが、壊れた機械を分解して自分で組み立ててそれでお菓子を製造して一財産を成したのですから、説得力があります。

 しかし、それは本業ではなかったのです。

本業は本業で大成功して、こちらは後継者に譲られました。

長い人生の中では いろんなことがありましたが必死で生き抜いてきたそうです。

 しかし、人生の中でやり残したことが多く、今はそれを真剣に取り組んでいる日々です。


 「心を込めてつくしなさい。

やがて、真実と幸福に包まれるでしょう。

あなたは、この人生のゲームに敗れることはありません。


 楽しみなさい。

最初から最後まで、ずっと真面目にやるには、

このゲームは長すぎます」

   (ジョン&リン セントクレアトーマス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜の稲妻

 日本各地が経験したことがない暑さに見舞われ、日々ようやく生きている感じがします。

さまざまな異常気象が起こり、多くのかけがえのない命が奪われて本当に切ない夏が続いています。

未だ行方不明の方もいらっしゃるので、この猛暑のなかを捜索されているとのこと、どれほどの悲しみかしれません。

住み慣れた家を流され、大切にしていたものや思い出もすべてが流されてしまうなんて、想像を絶します。

十分な冷房施設がない中を避難所生活せねばならず、プライバシーも守られない中では熟睡することも難しいと思います。

これから、さらに台風が迫っているとのこと、更なる被害が心配されます。

 身を潜めて ただ耐えるしかないです。


 雷や稲妻、私は苦手ですが・・・、

知人は稲妻の閃光が大好きで

「久しぶりの再会のようで、子供のように嬉しい」

とメールが来ました。

「今夜は、幸せな気持ちで眠りにつけそう」

 人によって感じ方はさまざまです。

この感覚は正しい、間違いだとか 良い、悪いもありません。

稲妻や雷そのもののエネルギー、

その人の記憶の中でそれがどのような人や事柄に結びついたかで、全てが変わります。

 
 稲妻が その方にとって懐かしく、(もう今は逢うことはできない)大好きな人を連れてくるから 幸せを感じるのです。
 

 好きな風景や光景が 自分自身を癒して励ましてくれる一方で、自分の波動を乱す人や事柄からは 離れていなければなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月のヨーガ教室(伊豆市・修善寺、伊豆の国市・韮山、大仁)

 「体験を決めているのはあなた自身です。

環境が決めているのではありません」
              (ギタ・ベリン)

 日々、何を選ぶかですべてが変わります。


 「8月伊豆市&伊豆の国市 (修善寺・韮山・大仁・土肥) ヨーガ教室」

6日 月曜日
    18:45~20:15
    陰陽ヨガと瞑想 
    伊豆の国市 韮山支所
    農事研修室

7日 火曜日
    9:30~10:30
    イスヨーガ 
    土肥 土肥支所

8日 水曜日 
    10:00~11:00   
    イスヨガ&瞑想 
    伊豆市・修善寺
    農村環境改善センター 多目的ホール

9日 木曜日
    14:00~15:30
    ハタヨーガ
    伊豆の国市・韮山
    韮山時代劇場 映像ホール

    19:00~20:00
    陰陽ヨーガと瞑想
    伊豆市・修善寺
    農村環境改善センター 武道場

22日 水曜日 
    10:00~11:00
    チベット体操&瞑想
    伊豆市・修善寺
    農村環境改善センター 多目的ホール

23日 木曜日
    14:00~15:30
    ハタヨーガ
    伊豆の国市・韮山
    韮山時代劇場 映像ホール

    19:00~20:30
    イス・ヨーガ&瞑想
    伊豆市・修善寺
    生きいきプラザ ステージ

27日 月曜日
    18:45~20:15
    陰陽ヨガと瞑想 
    伊豆の国市 韮山
    韮山支所 農事研修室

29日 水曜日 
    10:00~11:00
    ラージャ・ヨーガ
    伊豆市・修善寺
    農村環境改善センター 多目的ホール

30日 木曜日
    13:00~14:10
    ラフター・ヨーガ

    14:20~15:50
    ラージャ・ヨーガ 
    共に 伊豆の国市・大仁
    くぬぎ会館 作法室
    
    
    19:00~20:00
    チベット体操
    伊豆市 修善寺
    農村環境改善センター 武道場


一回ごとのお支払い(ドロップイン)は、1200円。

チケットは 5回 5000円、10回 10000円(無期限)

 ヨガについてのごや教室、お問い合わせは、こちらのアドレスにご連絡ください。

みなさまに 健康と幸せがもたらされますように。

yoga_bestyet@yahoo.co.jp 

ヨーガ・ヒーリング 柊


 夏は 胸の中央が硬くなりやすいです。

緊張をとるヨーガをご一緒にやってみましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人に期待しない

今日も暑かったですね。

外で活動しなければならなかった今日、滴る汗が止まりませんでした。

できるだけ日陰を選んで動いていたにもかかわらず、滝のように汗が流れ続け、眼鏡も汗で濡れてしまいました。

私には2時間が限界でした。

これからの更なる暑さを年齢を重ねながら生きていくって、大変なことですね。


 工事現場などで働いている人が 亡くなっているそうです。

とても痛ましいことです。

この暑さでイライラしている作業員の方も多い感じですが、とても丁寧に対応される方もいて、こんな過酷な中でもそういう行動がとれるって、素敵です。

内側のものは やがて外側に表れるのです。


 
「私は他人に

なんの期待もしません。

ですから、

人の行動が

私の願いに

反することはありません」

 (スワミ・スリ・ユクテスワル)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには ひとりになって

 たとえ少しの時間でも 時間をとって自分ひとりだけになること。

ひとりになって

ただ、「そこ」にいるだけ

それだけのことが、実はとても大切なのです。

 

 今、私を圧迫しているものは、

外に出たがっている私の魂なのだろうか?

それとも

おおいなる魂が、

中に入りたがって、

私の心をノックしているのだろうか。
               (タゴール)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お家に帰りたい

 時々、街を車で移動している時 どこかで見かけたことがある人に出逢います。

でも、他人の空似で、よく考えたらその方は施設に入っているのでこんな街中をひとりで歩いているはずはないのです。

あの方は、このような場所を歩くことなどはできない状態なのです。

 そう考えると、外をひとりで歩くということは 大変なことなのですよね。


 先日、施設でヨーガをおこなっている間 少し離れた場所である利用者さんが

「あとどれぐらいしたら 家に返していただけるのです か?」

「もう、帰りたいんです。 私は何か悪いことしました か?」

「お金を払いますから 返してください。 もう 死んじゃいます」

と、叫んでいました。

 まわりにスタッフさんは何人もいましたが 残念ながら誰一人その方に寄り添う方はいませんでした。

60分のヨーガの間 それはずっと続いていたので、一緒にヨーガをしていた利用者さんも

「うるさいなあ」

「誰か 止めてあげて」

と、まわりを見回すのですが 誰も動かず・・・。

 それは延々と続き 誰も気遣うことも止めることもなくヨーガの終わりまで続いていました。
 
 切ない声は 時折調子が変わり ますますお公家さまのような口調になったり、お芝居のようにもなり、歌うようにもなり、不謹慎ですがちょっと面白い響きにもなっていきました。

 いろいろ工夫してアピールするのですが それもむなしく響くだけでした。

 これが 自分の肉親だったらいたたまれないでしょう。

そこにスタッフさんがいて 何もしないというのは理由があるかもしれず 私が勝手に動くこともできず 可哀想に思いましたが 終わるまでは声をかけられませんでした。

 ヨーガが終わった後、その方と少しお話をしました。

「お家に帰りたい」

拝むような顔で私にここから連れ出してくれとせがむのですが それは私には叶えてあげることはできません。

どのような理由でこちらに入所されたかはわかりませんし、どのような形でその声が止むのかはわかりませんが、今より少しでも心が落ち着き、穏やかになれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月1週目は ヨガ教室はお休みです

 こんばんは

今日は終わってしまいましたが、今週はヨーガはお休みをいただいております。

先月と、今日と2回ほど図書館でのヨーガをおこないました。

今日は 小さなお子さまをお持ちの親子さんを対象に30分ほどでした。

前回は 20代から80代の方を対象に90分のヨーガをおこないました。

いろんな場所でいろんなヨーガをさせていただく機会があり、多くの方と有難いご縁をいただいています。

 当たり前のことですが、お母さんとお子さまはよく似ていますね。

お母さんがどんなふうに育てているかで、お子さまの行動も違ってきます。

どんな眼差しでお子さまに声をかけて、どう接するかで お子さまの性格も本当にさまざま。

お子さまへのからだへのアプローチの仕方で お母さんにもお子さまにも体への変化が起こります。

 できれば からだに優しく正しい方法を知っていただき子育てをして欲しいなと実感しました。

からだが心地よくなると 心も安定しますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »