« 夜の稲妻 | トップページ | 自分自身ともっと寛いで »

遠い記憶をよびさまして

富山に引越したヨーガの生徒さん(と言っても私よりもはるかに人生の先輩)から、時々電話をいただきます。

今日も、車を運転中に電話があり、1時間ほど話が続きました。

まだまだ、話し足りないと言っていましたが、終始笑いが絶えないおしゃべりになりました。

 まだ、こちらの会社の会長職にあるので、時々はこちらのお家に帰宅されるので、先日は1年ぶりの再会を果たしました。

機械の組み立てや経理、パソコンの使い方に至るまで学校で一度も習ったことはなく、そして誰からも教えてもらうこともなかったのに、何でもできてしまったことは以前から伺っていたのですが、本当に不思議な方。

「自分は(機械の仕組みなどを)知っていたとしか、思えない。どこかの人生でそういう仕事をしていたのでなければ、あんなことはできなかった」

「自分の中に眠っている遠い記憶をよびさました感じ」

と、言われていましたが、壊れた機械を分解して自分で組み立ててそれでお菓子を製造して一財産を成したのですから、説得力があります。

 しかし、それは本業ではなかったのです。

本業は本業で大成功して、こちらは後継者に譲られました。

長い人生の中では いろんなことがありましたが必死で生き抜いてきたそうです。

 しかし、人生の中でやり残したことが多く、今はそれを真剣に取り組んでいる日々です。


 「心を込めてつくしなさい。

やがて、真実と幸福に包まれるでしょう。

あなたは、この人生のゲームに敗れることはありません。


 楽しみなさい。

最初から最後まで、ずっと真面目にやるには、

このゲームは長すぎます」

   (ジョン&リン セントクレアトーマス)

|

« 夜の稲妻 | トップページ | 自分自身ともっと寛いで »

生きるヒント」カテゴリの記事

コメント

自分の中に眠っている遠い記憶とは、
幼い頃の記憶ではなく、
生まれるずっと前の記憶…

なんとなく、苦労もせずにできていることは、もしかしたら、私達個々の遠い過去からのなせる技なのかもしれませんね。

私は、特別な能力は持ってないけれど、
楽しく生きていられているのは、そういう記憶があったからかもしれません。感謝です(^^)

過去の私は?前世は?意識しても見ることはできないので、見えない過去にありがとうです(^_^)

お盆に、そんなことも考えながら手を合わせてみようかしら…

投稿: おにぎり | 2018年8月10日 (金) 08時18分

おにぎりさま

いつも、コメントを残してくださってありがとうございます。
 普通の人が見えない世界を視えることの能力よりも、今 目の前の人を現実的に幸せにすることのほうが何倍も大切です。その人の思いや考えが素晴らしくても、それを生活の中で生かせなかったら、何の意味もありません。どんな思いで、何をするかが重要です。

 特別な力など欲することなく、我欲を捨て、自分の与えられた環境を卑下せず、感謝して、誠実に過ごしていれば 自然と叡智を得ることができます。 
 おにぎりさんが繋がっているエネルギーのコードは そのままでいいですよ。 

投稿: 柊 | 2018年8月11日 (土) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/73994530

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い記憶をよびさまして:

« 夜の稲妻 | トップページ | 自分自身ともっと寛いで »