« 遠い記憶をよびさまして | トップページ | 明日の夜ヨガはお休みさせていただきます »

自分自身ともっと寛いで

先月は、イベントが多くいろんな場所で新しいご縁をいただきました。

下旬には小中学校の教職員のみなさまを対象にヨーガをおこなう機会をいただきました。

スタジオで教えるきっかけを作ってくださった元ボスを含めて4名のインストラクターが参加しました。

ヨーガの内容についても あらかじめ関係者の先生方にこまやかなご指導いただき、前日までラインでのやり取りが続きました。

それぞれのインストラクターが得意分野を生かした内容を決めて、先生方に受講したい内容を選んでいただく形になりました。

当日はとても暑く、待合室で待機している間にみんなで冷感シートを塗りまくって体を冷ましてから臨みました。

 この暑さでも公立の学校ですから冷房はありません。

私は武道場でしたが、窓を開けたり出入口を解放していただいたので、時折風が吹き抜けていきました。

およそ1時間だったからもったような感じでしたから、数時間おこなう部活動などでは今後は冷房を入れてあげて欲しいと切に思いました。

私は「心を安定させるヨーガとマインドフルネス瞑想」をさせていただきましたが、先生方は非常にまじめで真剣に取り組んでくださいました。

いろんな学校の先生方が参加されましたので、先生同士知らない方も多かったのか、最初は緊張感に満ちていましたが次第に柔らかな雰囲気に変わっていきました。

最後の20分頃になるとだいぶ緩んでいただいたようで、最後のシャバーサナでは半分ぐらいの方はお休みになったままでした。

 仕事柄、緊張が恒常的になっている先生方も、時にはスイッチを切り替えて自分自身ともっと寛ぐ時間をもつことが必要です。

ストレスの多い環境では基本的なからだの機能・・・消化、吸収、血液製造、身体維持、治癒、免疫反応は低下しやすいのです。

長く仕事を続けるのでしたら、意識的にせめてニュートラルに戻してほしいです。

「あなたの今のままの状態で

できる限りで、

できることをしなさい」
   (Theodore Roosevelt)

|

« 遠い記憶をよびさまして | トップページ | 明日の夜ヨガはお休みさせていただきます »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/74021565

この記事へのトラックバック一覧です: 自分自身ともっと寛いで:

« 遠い記憶をよびさまして | トップページ | 明日の夜ヨガはお休みさせていただきます »