« 喜び方がまだ足りない | トップページ | 誰もが喜べる喜びを »

朝起きたら考えること

 一日を良いスタートで始めたいと思うなら、目覚めた時に、この一日の間に少なくとも一人の人に、少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうかと思案することだ。

その喜びは、ささやかなものでかまわない。

そうして、なんとかこの考えが実現するように努めて一日を送ることだ。

この習慣を多くの人が身につければ、自分だけが得をしたいという祈りよりも、ずっと早く世の中を変えていくことができるだろう。

         『人間的な、あまりにも人間的な』


 夜が明ける頃、少し時間がとれたら適度に身体を動かし、静けさのなかでしばし瞑想します。

この時間は特別なエネルギーが満ちているので、おススメです。

良いスタートを切ってください。

|

« 喜び方がまだ足りない | トップページ | 誰もが喜べる喜びを »

今 できること」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、柊さん。

5人での忘年会の翌朝…
前日夜から日付をまたいで、かなり遅くまでお酒を飲みお話しをしていました。メンバー皆寝てるだろうと、一人早起きして身体を動かしていました。
そうしたら、少し遅れてもう一人参加。
二人でとてもいい体験ができました。
「二人で三文以上の得をしたね」と。
もしかしたら目覚める前に、お互いに喜びを与えることを考えていたのかもしれません。

欲を言えば、もう少し早く起きて瞑想したかったです☺️

投稿: おにぎり | 2018年12月15日 (土) 20時14分

おにぎりさま
こんにちは いつもコメントをありがとうございます。気の合う仲間との忘年会、いいですね。
 素敵です。一日が気持ちの良いスタート切れると嬉しいですね!それを分かち合える存在に感謝。 

投稿: 柊 | 2018年12月17日 (月) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457455/74769997

この記事へのトラックバック一覧です: 朝起きたら考えること:

« 喜び方がまだ足りない | トップページ | 誰もが喜べる喜びを »