« 肝臓が疲れた時には 指湯 | トップページ | 喜び方がまだ足りない »

ラフターヨーガの後で

 今日、初めてラフターヨーガを体験してくださった方が、最初におこなった「笑い指数をしらべてみる」テストで、思いのほか 自分が笑っていなかったことを実感したそうです。

私自身も低かったです。

私も、自分の為だったら特にこの資格を取得しようとは思いませんでした。


ラフターヨーガを必要としている人がいたからです。

日々の生活の中で 心地よく生きることや笑える余裕をもつことが、病気の回復にも繋がります。

 ラフターヨーガをおこなっている間、そして終えた後 体がとても暖かくて心地よかったそうです。

こころもほっこりして、前を向いていけるようでしたら 何よりです。

 受け止め方は 人それぞれ。

その人なりのラフターヨーガを 愉しんでください。 

|

« 肝臓が疲れた時には 指湯 | トップページ | 喜び方がまだ足りない »

ラフターヨーガ」カテゴリの記事

コメント

笑い指数?
数値で表されるのですか😵

心からの笑い、
愛想笑い、
人に合わせた笑い、
大きな笑い、小さな笑い、
笑っているのに目が笑ってない笑い…
笑いと言っても様々ですね。

クスッとでもお腹が痛くなるような笑いでも、
笑うことっていいですね。

わたしは今日、思い出し笑いをたくさん…
ゆるゆるでした😅

投稿: おにぎり | 2018年12月 8日 (土) 17時00分

おにぎりさま
いつも、コメントをありがとうございます。
そうなんです、笑い指数というものがあります。笑いヨーガのコンセプトと考え方にしたがって作成されているものです。ひとつの指針です。
 今年は残すところあと一回ですが、いつかどこかで「笑い指数」で、自己評価してみてください。
 笑いを持続させることが大切で、受け身ではなく内側から喜びや嬉しさがこみ上げてくるようになれば より素晴らしですね。
 最初は作り笑いからでも大丈夫。クスクス笑うことからでもかまいません。 自分なりの笑いを愉しんでください!

投稿: 柊 | 2018年12月10日 (月) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフターヨーガの後で:

« 肝臓が疲れた時には 指湯 | トップページ | 喜び方がまだ足りない »