« 精神が高まるほど繊細なものを喜べる | トップページ | 人として生きるために必要なこと »

インナーピース(大阪なおみ)

 大坂なおみさん 素晴らしかったですね。

対戦相手のクビトバさんもとても素晴らしかった。

ふたりのパワーは非常に拮抗していて、どちらが勝ってもおかしくない戦いでした。

 大阪なおみさんが発した「インナーピース」が最近話題ですが、ヨーガでいうところの「シャンティ」がこれにあたるでしょうか。

天声人語にも書かれてありましたが、「心が穏かなときに、いいプレーができる」のでしょうね。

トイレットブレイクのほんの短い時間の中で心を静め、自分を取り戻せたことが大きかったです。

「勝つことが当たり前だ」と思っていた自分から相手の存在や偉大さをしっかりと受け止め「謙虚であること」に立ち返ったのです。

コントロールの力を取り戻してからのプレーは凄みを増していました。

本来の自分のパフォーマンスが最大限引き出された形です。

「心を磨くことなしには十分に(才能を)発揮できない」

まさにその通りの結果でした。

 私たちも日々の生活の中で 「内なる平和」「シャンティ」「ピース」を感じて、生活の質を高め人として成長していけますように。

|

« 精神が高まるほど繊細なものを喜べる | トップページ | 人として生きるために必要なこと »

生きるヒント」カテゴリの記事

コメント

柊さん、こんばんは。
私も決勝戦、見ていました。
テレビから離れられない素晴らしい試合でしたね。試合前、大坂なおみ選手の方に分があるような解説を耳にしていましたが…

以前私がある試合に出たときに、
大きな大会で活躍されている雲の上のにいるような方から、
「あなたとの差は、薄紙一枚くらいよ!」
と言われたことがあります。
とても真剣な顔で。

パフォーマンスを発揮できる人は、
強さや技術だけでなく、たしかに相手を敬う気持ちも持ち合わせていますね。

そこからは、自分との戦いです。

私自身、最近は試合からは少し離れていますが、実力を出し切らなければならない機会はまだあります。

常に勝ち負けではなく、同志とは共に成長していきたいです。

心の内なる平和。

まだまだ難しいところです😅


投稿: おにぎり | 2019年2月 1日 (金) 20時44分

おにぎりさま
 こんばんは コメントいただき感謝いたします。ヨーガでは将棋のようにランク付けなどはしませんが、勝負の世界では勝ち負けが明確になりますね。
 実力があるのに肝心の試合には勝てない人もいるとよく聞きます。ここ一番で自分のすべてを出し切れる人と、そうでない人との違いは一つではないにしろ、心をコントロールする力は大きいと思います。ミスや不安に引きずられず、その度にニュートラルに戻れる心のしなやかさが求められるのではないでしょうか。 
 内なる平和を手に入れて、試合、頑張ってください!
 『ヨーガとは、心に浮かぶ志向の波のコントロール出ある』
                      パタンジャリ

投稿: 柊 | 2019年2月 5日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インナーピース(大阪なおみ):

« 精神が高まるほど繊細なものを喜べる | トップページ | 人として生きるために必要なこと »