育児

人として生きるために必要なこと

 人間は誕生しても馬のようにすぐには立ち上がれません。。

暫くは歩くことさえできないですから、親を含めて周りの助けがなければ生きてはいけません。

命を繋ぐ母乳やミルクを与えられ、清潔な環境の下で愛情込めて育てられる必要があります。

それは年を重ねても同じこと。


 以前、何の番組であったか、壮絶なドキュメンタリー番組を見て衝撃を受けました。

ガラパゴス諸島のある島で、卵から孵ったばかりのウミイグアナの赤ちゃんが誕生直後に岩陰に隠れて待つ無数の蛇によって命を奪われるシーンが映し出されていたのです。

誕生と同時にやってくる命の危機。

その光景の恐ろしさと言ったらとても表現しきれません。

覚束ない足取りでは無数のへびの襲撃を交わすことなどできません。

砂場で誕生した直後にマックスで岩場の高いところまで逃げきれなければ、そこで生きることはできないのです。

生死を分けるのは、まさに運だけ。

 
 親や環境を選ぶことはできません。

 でも、人としてこの世に生を受けたのなら せめて人間らしく扱われるような家庭や社会を与えてあげたいです。

 
ヨーガ聖者 パタンジャリはヨーガの八支則のなかで非暴力を説いています。

言葉や行為、眼差しやしぐさ、態度や文章も含めて人を傷つけることを戒めています。

 自分自身の健やかさは いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)