身体に良いこと

満月と水晶を利用した エナジーバス

 昨夜は満月でした。

お月さまの周りに 輪が あるよ~と メールをくれた友だちもいて、しばし 月を眺めていました。

クリアーな空ではなかったですが、お月さまは 顔を出してくれました。

満月の時は地球のエネルギーレベルが上がるので、人間の身体もそれに伴って、大変良い状態になります。

先月の23日の満月には それを期待して土肥まで出かけたのですが、 あいにくの雨のなか 雨に濡れながら途中までビーチでヨーガをしていました。

 雨が止むのを待とうか (って言いながら 少しも止む気配はなかったのですが)・・・と、

近くの足湯で Nさんが作ってきてくれた 美味しい新米のおにぎりやルイボスティーを飲みながら、

背中にはパーマンのように ゴミ袋を背負って

(って 意味わからないかもしれませんが、雨が降りかかってくるので、

I さんが持ってきてくれた ゴミ袋を背中を守るように首にかけて雨をしのいでいましたが、実にあたたかい)

みんなで 談笑・・・。

その時に みんなにひとつずつ 水晶を持ち帰ってもらいました。

10月23日が 満月だから その日に 水晶を浄化してねって・・・。

浄化した水晶をバスタブに入れて それぞれエナジーバスを作ります。

この満月の力を使った エナジーバスに浸かると、 自分自身のエナジーも浄化されると言われています。

この場合には、ぬるめのお湯がいいです。

全身の力を抜き、身体の中から 疲労物質やストレスが溶け出ていくのを観想してください。

その際にはゆっくりとした 腹式呼吸をおこないます。

深い息を繰り返し、神経がしだいに静まっていくのを見てください。

 浄化した水晶は 水で洗った後 また使えますが 5回程度使ったら また浄化のプロセスをおこなってください。

水晶の浄化法や、エナジーバスについてのくわしい内容を知りたい方は クラスの時に お尋ねください。

ワークショップでも 浄化の方法や、チャクラ調整、瞑想もしていますので 興味がある方は お出かけください。

それでは、エナジーバスで、リフレッシュして 眠りにつこうと思います・・・。

おやすみなさい~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨガと瞑想の扉

 こんなに穏やかな場所、

こんなにも心安らかになれる場所があったのに、

なぜ、私はもっと早くにこの扉を開けなかったのだろう・・・。

 勇気がなく、行動に移さないできた臆病な自分が、

腹立たしく思えてならなかった。

 もう少し勇気を持てたなら、

この静かで平和な時間が 最初から自分のものに なっていたのに・・・。

 穏やかさと心の平安を実感して、

私はそれまでいかに「本当の自分」から遠く離れていたかを知った。

 もし、ヨガと瞑想に出会わなかったら、

私は 自分自身を生きることが できなかったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減量のために

 なかなか思うように痩せられないという質問をよく受けます。

カナダで、おもいっきりふくよかな人々をみてきた私からすれば、みなさん とってもスリムです。

「振り袖のような腕」をお持ちの人たちを、どれだけ多く見てきたか・・・。

しかし、隠すことなく健康的で、すがすがしい思いを感じていました。

 あなたは今のままで充分に素晴らしい存在なのだ、ということをひとり一人から感じていました。

 日本人は、カナダ人と比べるとろうそくのように細い人ばかりなのに、ご自身では自分の体型に満足できないようで、部分的な肉の付き方を改善したいと切実な思いをお持ちの方もいます。

私自身は、みなさんが(ヨガのインストラクターならば痩せていると)期待するほどスリムでもなく、特別にダイエットをすることもありません。

 見た目がよいスリムな体型よりも、健康であることが、なによりも大切だと考えています。

カナダのヨーガインストラクターも、日本とは違い、みな適当にたくましく、健康的でした。

どんなにモデルのようなスリムなボディーであっても、見えないところの内臓が悪かったり、姿勢が悪かったり、精神のバランスが崩れているのでは、なんにもならないと思うのです。

体重や身長など、自分が言わなければほとんどわからないし、わかったところで、それがどんな数字であっても特に何か問題もないのです。

体重に執着しているご自身のバランスを取り戻すことのほうが、なによりも大切です。

(食べたいけれど)食べてはいけないという強迫観念を取り除くことで、体重が減る方もいます。

自分を否定したりしないで、今の自分自身をありのまま受け入れてみてください。

 また、姿勢や歩き方も何十年のかかって作られてきたものなので、すぐには直りません。

無理に直すことは関節やすじを痛めてしまう原因になることさえありますので、できることから少しずつ始めましょう。

目線はいつも前方を見るようにします。

下を向いて歩くと猫背になりやすいからです。

路面も、少し遠くを見るようにして、身長を1cmくらい伸ばすように背骨を起こして歩くことで、自然に腹筋・背筋を使うようになります。

目の前にある風景を楽しみながら、心持ち早めに歩いてみてください。

 消費エネルギーよりも、摂取エネルギーのほうが多いと、余分なエネルギーが体内に貯蔵されます。

当たり前のことですが、今よりもすこし消費エネルギーを増やして、摂取エネルギーを減らしていきましょう。

短時間で急激に減らそうと思わないで、体調が悪くても、年を重ねても長続きできるヨーガなどを選んでください。

ヨーガには、呼吸法や瞑想もあり、簡単なポーズであれば、ベッドでもできるからです。

体重は、必要な時機になったら、健康的に緩やかに減っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お酒とタバコと・・・

 私自身はお酒も飲まないし、タバコも吸わないので、ストレスをお酒やタバコでコントロールしている人を見ると、ちょっと辛くなるものがあります。

適度なお酒は体によいと言いながら、それ以上に口にしているようにも思える人がいます。

健康になりたいと思い相談にくる一方で、相変わらず自分の体に向き合わず、毒を体に入れ込んでいる人が、意外と多いことに驚きます。

「わかる」ということは、本当の意味で「変わる」ということです。

頭でわかっていても、それを実際に行動に移して行かなければ、けして変わることはありません。

よい思いの種があっても、行いが伴わなければ、良い果実は実りません。

 お酒に溺れる人、ニコチンに身を委ねている人、あるいはギャンブルに夢中になっている人、いずれも自分自身を見失っている人です。

自分の感覚が鈍磨になってしまい、良くないエネルギーの渦が体を取り巻いています。

そういう人のそばにいる家族は、ただそれだけでエネルギーを奪われてしまいます。

家族の誰かがアルコール中毒や、ニコチン中毒、あるいはギャンブル中毒にかかってると、家族全体のバランスも崩れ、家族の健康も害されることがあります。

そういう家族からの相談も増えていて、本当に大変な状況だなと感じてます。

特に子どもは影響を受けやすく、傷つきやすいので、まわりが守ってあげなければいけない存在です。

 運転中、食事中にも、ところかまわず女性が、母親が、子どもの前で平然とタバコを吸っている光景は、やはり異常です。

カナダでは、街中でタバコを吸っている人は、ごくごく限られていて、ホームレスか、麻薬中毒患者のようないわゆる「特別な」人でした。

背広を着てちゃんとしている人がタバコを吸う光景など、ほとんど見かけませんでした。

 母親も同様で、特に子どもを連れた母親、父親もタバコを道ばたで吸っている人を敵視することはあっても、自分たちが吸うことなど「普通の親」には、ありえません。

そういう意味でも、日本の現状はたまらなくなります。

感性が鈍くならないように、時々体の声を聞いてください。

 余談ですが、カナダではタバコは体に悪く、まわりの人に迷惑をかける、と言って、否定的なのに比べて、マリファナは肯定的です。

その辺は、日本人の私には理解に苦しむところでもありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口を小さくしましょう

人には、口はひとつ、耳はふたつあります。

それは、しゃべりすぎないように、

飲み過ぎないように、

食べ過ぎないように配慮しているからです。

 生きるために食べるだけで充分なのに、

食べるために生きている人もいます。

ましてや、身体に悪いと思っているものまで、食べてしまうこともあります。

「食」という字は、「人」 に 「良」い と書きます。

あなたによい食事をなさってください・・・。


 耳を大きくして、人の話に耳を傾けましょう。

そして、口を小さくしましょう。

「聖」という字は、

耳は大きく、口の小さい 「王」と書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かずさんのカイロプラクティック開業!

 以前このブログでも紹介しました、

成川和久さんのカイロプラクティック、

田方郡函南町塚本9831 フロンティアいむらB101

にて、開業しました。

身体の不調でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

(ブログ) http://blogs.yahoo.co.jp/kairo_office_yukumi

詳しい情報は、下記のファイルをご覧ください。

     ↓ ↓ ↓

 「Kairo.doc」をダウンロード

(mail) yukumi-kairo@docomo.ne.jp

(携帯) 090-5457-5373  成川 和久 まで

ご予約はお電話かメール✉にて(予約優先となります・出張訪問も行ってます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大の敵は「無知」

・・・みなさんのお宅は、大丈夫でしたか?

昨日の朝、寝室から出ると、外がなぜだか明るい・・・

 窓を開けてみると、外は大雪、東北の雪国のようでした。

激しく降り続く雪が、すこし怖く感じました。

昨日は出かけないようにしていましたが、今日は月曜、どうしても出かけなければなりません。

覚悟を決めて、エンジンをかけました。

 車を「エコノミーモード」から「雪道用のモード」に切り替えて、慎重に走り出しました。

ちょうど金曜日に前のタイヤを2本替えていてよかったです。

タイヤの空気圧も充分です。

堅い轍も所々にあり、車体の底が擦れて痛そうでした。

下り坂では、所々アイスバンで、非常に滑り大変危険でした。

あちらこちらで、側溝や、電柱に衝突したようなブレーキ痕がありました。

慌ててハンドルを切り損ねてしまったのでしょうか。

十分な低速で走り、流れに身を任せながらも、滑る方とは反対のほうにハンドルを切っていけばいいのですが・・・。

雪道ではブレーキを踏まない、ということも大切なことです。

 タイヤの空気圧が減ってるとハンドルを取られてしまうことや、

十分に減速してできるだけブレーキを使わないで走ることや、

あとで、轍(わだち)ができないように、車体の下が雪でこすられストップしないように

雪が降っているときからできるだけまんべんなく道路を蛇行させて運転させるなど、

車を運転するときには、知恵が必要です。


 そういうことを知らないと、大変危険です。

車を動かすことができても、その危険のメカニズムを知らなければ、事故に遭う確率は高くなります。

自分の身体にも同じことがいえます。

 知ってるか知らないかの本当にちょっとした差が、運命を分けるからです。

あなたの健康を考える上で大切なことは、体と心についての正しい知識を持つことです。

あなたの不調は、

実はあなたの「無知」にあるかもしれません。

いろんなワークショップや、お茶会を行っています。

気が向いたら足を運んでみてください。

なにか見つかるかもしれません。

今日もよい一日でありますように・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)