言葉

English Speech Contest  一日12回の抱擁を・・・

 今日は English Speech Contest があったので 興味をもって出かけました。

たまたま オフだったので・・・。

 子どもがContestの司会だったので 私自身はハラハラドキドキではなかったのですが、子どものお友達の応援に行って来ました。

 夏休み前から準備を重ねてきたのですが、いざ 本番となると 言葉に詰まるお子さんもいました。

台本無しで 暗誦するのですから まさに 頭が真っ白になることもあります。

見ているこっちも 同じような緊張感です。

 4時間近くのContestでしたが 短い時間のように感じられました。

 うなずきながら視線を移すことやオーバーなジェスチャー、あり得ない抑揚は(すご~いと会場を沸かせ)日本人の目を惹きますが、実はその多くが減点の対象となります。

外国人からすると、挙げたいずれもがナチュラルではない(そんな話し方誰もしてないでしょ)と見なされます。

テンションを高くした派手な演出よりも わかりやすく、落ち着いた話し方のほうが海外でも好感を持たれます。

 コミュニケーションをとる上でも 自然体であることが何よりも大切なんですね。


 ・・・成績優秀者の発表がされた中に 以前 学校の講座でヨガを教えた他校のお子さんがいたので 近寄っておめでとうのハグをしました。

それを見ていたお友達の子が
 
「わっ、いいなあ」

と言うので

「じゃぁ、あなたともハグをしましょうか」
と尋ねると 大きくうなずいて両手を開いてきました。

優しく抱きしめると すごく嬉しそうでなかなか離そうとはしませんでした。


『私たちは生きてゆくために 一日4回の抱擁が必要だ。

私たちは人間関係の維持のために 一日8回の抱擁が必要だ。

私たちが人間として成長するために 一日12回の抱擁が必要だ。』

          by 家族療法の権威 バージニア・サター 

 「大好きだよ」の言葉が添えられたら もっと いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしもあなたの感情が揺れたとしても

 もしも、あなたの感情が揺れたとしても、

ちゃんと平和はありますよ。

揺れる感情を気にしないようにしましょう。

感情をあなたの主(あるじ)にしないことです。

目の前の不平不安を忘れ、

日々の暮らしに感謝すれば

いいのです。

 いつも雲の上には

きれいな青空があるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念を入れて生きる

今日一日を、「心を今」において生きてみませんか。

念を入れて生きる。

念という字は、「今」の「心」と書きます。

 終わってしまった「昨日」のことや、

けっして起こらないかもしれない「未来」に心を向けず、

「今」を生きる練習をしてみましょう。

・・・今日できることはなんですか?

それをひたすら一生懸命にやるだけです。

心をいつも、今に向けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日を思い煩わず

明日を思い煩わず、

今日をみつめよう。

なぜなら、今日あることは、

すでに奇跡なのだから。

人に与えたことばかり

いつまでも憶えていないで、

それが必要だったとだけ、

心にとめておきなさい。

なぜなら、与える者は、

大いなる父から、

もっと多くを、

与えられているのだから。

     アニー・ベサント

| | コメント (0) | トラックバック (0)