生きるヒント

苦しみを越えるには

 昨日、道のわきでかえるが つぶされて亡くなっていました。

傍らには 小さなかえるが そばを離れずにいました。

その場から動けずにといったほうが 良いのかもしれません。

かえるにも 感情があるのでしょうか。

喜びや悲しみを感じる脳(の一部分)が あるのでしょうか。

この小さなかえるは (死という)状況を 理解できるのでしょうか。

当たり前に過ごしてきた日々が けっして当たり前ではなかったことは 失った時に初めてわかるものです。

それがどれほど輝かしく、幸せな時間だったか。

 
 苦しみや悲しみが襲ってきたとき 食事や睡眠運動などで気分転換をしてリセットできたと思っても、それでは根本的な解決にはなりません。

不安、悲しみや苦しみを手放さない限り 澱のように底に沈んで 自分のエネルギーを奪うことになります。

痛みや不安は再燃するので、自分を俯瞰して観察者になってみましょう。

しがみつかず、流れに巻き込まれることなく、呼吸にのせて心をやすませていきます。

生まれてきた不安な思いや苦しみを感情レベルで受け止めずに、自分の中で穏やかに漂わせてから開放していくようにします。

これからどうやって生きていくのか将来に対する恐ればかりが クローズアップされてしまいますが、

自分を「今ここに」 繋ぎとめることができれば、心は次第に落ち着きを取り戻すことができます。

 苦しみや不安から 一定の距離を置いて 呼吸に合わせて自分の心が平安になるように静かな時間をもちましょう。

脳の興奮を落ち着かせて 安定した状態で 自分にとって賢明な選択ができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは かけがえのない存在

 私のヨガのクラスには 高齢の方も多くお見えです。

その方も最初は 椅子をお持ちするような膝の痛みを抱えた方でした。

 ヨガの最後では シャバ・アーサナという くつろぎのポーズ(死人のポーズ)を おこなうのですが

よく最後の挨拶が終わっても すやすやと おやすみになっていることがあります。

大抵はまわりの方がマットを片づける音で 起きあがるのですが 

「また やっちゃった!!!」

と、笑って謝るのですが 大勢の人の中で爆睡できるなんて とても幸せなことです。


 会社を経営していたご主人がお亡くなりになり 代わりに社長になったその方は 自分のことは後回しにして会社と従業員のために 3年ほど必死で働いたそうです。

体がぼろぼろになり 見かねた長男が事業を継いでくれたので 今は会長で少し楽になったけれど。。。

 安定した会社をやめて都会から引っ越してきた長男についてきたお嫁さんからは辛く当たられて 精神的に相当堪えていたそうです。

私が死ねば みんなが幸せになるんじゃないか・・・深刻に悩んでいたそうです。

 そんな時 私とヨガに出逢い 続けるうちに 心のやすらぎや大らかな自分を感じられ、心と体がっとっても楽になってきて

「あ~ 私も 生きていて いいんだ」

と、思えるようになったそうです。

 最初の頃は ヨガの最後の方で よく涙を流していたのでいろんなことを抱えていらっしゃるんだろうなと感じていたのですが。

「今では、お嫁さんもとても優しくなって 本当に毎日が良くなってきた。私は ヨガのおかげだと 思うんよ。感謝しているんです。先生とヨガに出逢えて 本当に良かったよ。」

・・・そんな風に思えるのは この方の努力があればこそです。

 誰でも 年を重ねていき いろんな場面で人の世話になるものです。

年老いても、あなたの存在がまわりを明るくしたり 歓びを与えられるものであれば嬉しいですよね。

いつまでも 長生きをしてね と 心の底から思ってもらえるように。

 
 あなたが 今 病を抱えていたり

人の世話がないと生きられない体であっても

あなたが生きていることで 家族や 仲間 地域社会を明るく照らし

そして、あなたが存在することで この世の中を少しでも良くしていけていますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時には 心を静かにして

 たまたまある会合で席が前後だった縁で、声を掛けていただいた方が 私と同い年でした。

そして、古くからの私の友人とも知り合いで 懐かしい友だちの名前が次々に出てきて びっくりしました。

 しかし、それよりびっくりしたのは 高校の時の友人が 24歳で亡くなっていたことでした。

その当時からの巨漢で あだ名は 「とっつぁん」。

まだ15歳だったのに、既に部長のような貫禄。

からだに似合わないとっても小さい声で いつも 優しく声を掛けてくれました。

生物部で 小さな虫を捕まえている姿が 可愛らしかったのに・・・。


飲み屋さんでビールを一杯飲んで 心臓が破裂し その場で息を引き取ったそうです。

人生、これから だったのに・・・。

 ご家族の嘆きも 相当なものだったはずです。

子供を失う親の悲しみは はかり知れません。


夏休みで楽しいはずの花火大会や夜店での悲しい事故も

本当に本当に 心が痛みます。


 目には見えないけれど、なんとなくそこには居たくない

というような感覚が 大きな事故から自分を救うときがあります。


時々、心を静めて 感性を高めてください。

科学的に立証もできないけれど

理屈ではない感覚が自分を助けてくれるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今は大変だけど・・・

カナダに住んでいたときには、まわりに日本人よりも韓国人や中国人の数の方が多く、ヨーガスタジオのインストラクターも日本人は本当にまれで、中国系、韓国系の方々との交流が多かったです。

 その当時の日本は 中国や韓国との関係はそれほど良いものではありませんでしたが、知り合った方々からは本当に良くしていただきました。

日本でも、中国でも 韓国でもないカナダという第三国ということで、今ほどのプレッシャーもなかったからかも知れませんが。

ピアノの先生は、香港から移住した中国人で 寛容で温厚な紳士でした。

彼から本当に沢山のことを学ばせていただきました。

子どもは現地の学校に通学していましたので、カナダ人の先生とのインタビュー(面談)の時など 本当に(言葉の点で)大変だったのですが、韓国人の方がよくフォローしてくださいました。

カナダを離れるときに、やはり お世話になった方たちとの別れが一番辛く、言葉や文化は違いますが、東洋人として 深いところでのつながりを感じていました。

 今日の現状を考えると 彼らも 複雑な思いをしていると思います。


 ちなみに、カナダ人の先生のご主人は日本人なのですが、全く日本語は話せず 完全なカナディアン。

それぞれのご家庭の教育方針があるので、日本語も教えるか 英語オンリーで行くかが 違います。

カナダにいるのだから、あえて 日本語を学ばせる必要などない、と思う方は多いようです。

カナダ人として育てたいという思いが強いのです。

傍らで見ていても、特に幼少期は英語日本語の混乱が生じ たしかに大変なのですが、どれだけうまく家庭の中で楽しく会話ができるかが カギになるようです。

バイリンガルを目指す場合も 国際結婚された夫婦の関係がうまくいっているかも 大事なポイントです。

 小学校などでは 一時的に勉強の成績にも影響が出るようで、そのあたりで 親が断念してしまう場合もあるようですが、その辺りを乗りこえると 完璧なバイリンガルになっていきます。

それから、2人とも日本人の場合には 下手な英語を子どもに聞かせるよりも、家庭では日本語を話した方がうまくいきます。


 今は大変だけど その先には 必ず明るい未来が待っている ということです。

ゆっくりと 時間をかけて 歩みを進めていくことです。

言葉は大きな財産。

日本の素晴らしい文化や文学、歴史からも 本当に多くのことが学べます。

それは、人生をさらに豊かにしてくれます。


 ヨーガも 奥が深く 学べば学ぶほど 喜びに溢れていきますよ。

なによりも それを 愉しむことです。

私の方は もうすでに 忘れている英語を再開。

 諦めず、また 初めの一歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、健康ならば・・・

今、あなたが健康ならば、

あなたは素晴らしい財産を手にしています。

今、あなたの心が安定しているならば、

それは とても幸せなことです。

健康と幸福にとって、大切なのは 

穏やかで安定した心です。

ヨーガは、その道筋を示してくれます。


 一日のうちで いつでもいいので

やすらぎと 静けさを求めるための時間を見つけてください。

長い時間である必要はありません。


果てしなく波の騒ぐ海であるあなたの揺れ動く心を鎮め

感性を高めていきます。

心を落ち着けて 静けさの中に 入っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんに支えられている

 このところ、立て続けにいろんなことがあり、少々ばて気味。

 しかし、こういうときも さりげなく 支えてくださる方が現れて 

本当に私は 幸せだと感じています。

 関わってくださる すべての方に 心から感謝しています。

あ~ 本当に 自分の力なんて 微々たるもの。

ここに あなたがいてくださって 本当に 良かった。

あなたに巡りあえて 本当に 良かった。

そう思える方々が たくさん います。

 ヨガを通して 知り合うことができた 幸運に 感謝。

今まで近くにいた人は 遠ざかってしまいましたが

これも 自然の流れ。

今の自分の波動(バイブレーション)に合う人が 今そばにいてくれます。

ともに 高め合う関係でいたいです。

これからも末永く よろしくお願いします。


 この暑さも手伝って 時々、しんどくなることも ありますが

それでも、 今日も 念を入れて生きていくことを続けます。

念を入れるは 今 心 を ここにおき 丁寧に生きること

過去でも 未来でもなく 今 この瞬間を 生きること。

今日は これで 終わり。

今日を終えて 今日に執着せず 明日を生きていく。

 今日、クラスにけが人もなく 無事に終えたことがなにより 嬉しかった。

明日は どんな出逢いがあるのかな

楽しみです。

おやすみなさい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困難が自分を強くしてくれる

 ヨガを始めるに当たっては、たくさんの方のお力添えがありました。

わたし自身はヨガのネットワークを日本に持っていないので、こちらでヨガのクラスを持ちたいとなった時に、

ご指導を受けたヨガの先生の推薦とか紹介など なにも誰にも頼ることができなかったので、

自分でそれを探さなければなりませんでした。

面識のないスタジオに電話をかけてはあっけなく断られたり・・・。

この業界は やはり 誰かの紹介というのが 大事なのですね。

 しかし、カナダに居たときから もう道は整えられてあったのです・・・。

後になってわかったのですが、必要な人に、もう早い時点で逢わせていただいていたのです。

そのことには前にブログでふれていたので、省きますが ヨガの教室を開くということは 「個人事業主」になるということで、「開業届け」を税務署に提出し、許可を得なければなりませんでした。

お金の出入りなども、明確にしなければならず、税務署の講習などで教えていただきました。

初めはちんぷんかんぷんでしたが、少しずつわかってきました。

 講習が終わってからは商工会に加入させていただいたので 帳簿の付け方や申告の仕方なども、、アドバイスを受けたりできるので、本当に助かっています。

減価償却とか 総勘定元帳とか難しいですよね・・・。

 そして、先日 お世話になっている商工会の方から写真などのデータを送って欲しいとの有り難い要請があったのですが・・・・

正直・・・・ひや汗が出てしまいました。。。

 お恥ずかしいのですが・・・こんな風にブログは書いていますが、パソコンが大の苦手で、おまけに デジカメは「撮るだけ」で未だに一度も自分でパソコンに入れたことがなかったのです。

いつも人任せで・・・。

頼れる人がそばにいないので、今回はなんとしても自力でやるしかありません。

無理を言って、ヨガのクラスのみなさんにポーズをとっていただき、何枚か写真を撮らせていただきました。

ご協力、ありがとうございました。

まずは(どこかに置いたままの)デジカメの説明書を見つけることから始めて、(どこかにしまったままの)パソコンとつなぐケーブルを探し・・・

 あ~人生で、どれだけの時間を 私は 探すことにかけているのか・・・

どうして、こんなにも部屋に本が溢れ 沢山のものに囲まれているのか・・・。

実につまらないもの(だけど私には大事なもの)を溜め込んで、肝心なものの居場所を 忘れてしまっています。

 せっぱ詰まらないと 人は変わらないとは よく言われていますが それは私のことだと つくづく感じました。

しかも、凄く忙しい時に タイミングを合わせるように やってくるんですよね。

 生来、呑気ものの私に任せておいたら 一生誰かを当てにしてしまうから、神様がこの試練を与えてくれたのだと思います。

こういう(普通の人は簡単でも、機械音痴の私には)困難や試練が 自分を鍛えて強くしてくれるんですよね。

この機会がなかったら 今この時点でも 私の写真はデジカメ保存で終わっています。

 そいうい意味でも 商工会の方に感謝しています。

自分はここまでしかできない という枠を越えて 新しい世界に足を踏み入れることが私にも出来ました。

ありがとうございました。

 「次は、スマホ(に挑戦)だね」

と、(今ではもう珍しい携帯を使っている私を見て)友人に笑われていますが 

まだ 今暫くは 携帯でいさせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分に感謝する

ヨガのインストラクター養成講座では、体のことにも触れて教えるのですが、昨日のテーマは リンパ系でした。

改めて、からだのことがわかると 今まで以上に愛おしくなります。

無償の愛を注いでくれる からだに感謝せずにはいられません。

 私たちのからだを守っている いわば 用心棒(古いか・・・ボディーガード)である、免疫ネットワークは、全身に張り巡らされたリンパ管を流れる「リンパ液」が担っています。

その中の「リンパ球」は、一度戦った細菌やウィルスの性質を記憶していて、同じ病原菌が再度侵入してきたとき、抗体を産出してからだを守るのです。

リンパ球は寿命がくれば死滅してしまいますが、この記憶は新しくつくられるリンパ球にも延々と引き継がれるのです。

・・・・なんと素晴らしいことでしょう。

自分がなにも知らない間に 私を守るために何かが生まれ、私を守るために戦い、名前も告げずに死んでいく存在がいることに 深い感動をおぼえます。

本当に ありがとう って 何度も何度も自分を抱きしめたくなります。

自分は誰の世話にもならない、自分ひとりで生きていくんだと 粋がってみても いえいえ おこがましいことです。

生きていくのではなく 本当に 生かされているのですよね。

たくさんの 名もない存在に。

時々、夜空を眺めて遠い宇宙に思いを馳せるように 時には自分のからだにふれて 感じて 自分と繋がってみてください。

 自分の中の果てしない 宇宙を感じて。

あなたも けっして 1人ではないし いろんな力によって守られている、しっかりと。

いろんな事があっても、とにかく 今 ここにいて 命をいただいています。

あなたを生かそうとする 素晴らしい たくさんの力を 感じてみてください。

そうすれば もっと 自分を素直に愛せるし、人のことも もっと 大切にできるはずです。

 あなたの命が さらに輝きを増しますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたにふさわしい現実

 心の底から祈ったとしても

何百回意識を向けて願ったとしても

その結果を受けとるにふさわしいあなたでなければ

想いは 叶いません。

あなたにふさわしいものを 人生に呼び込むことなどできません。

残念ですが・・・。

自分自身やまわりのひとに起きている現実を思うと そういう意味でもタイミングというのがあるのだと思えます。


 昨日は久しぶりに 修善寺の修禅寺で 座禅をしてきました。

今、ここを 生きる

わたしとして 精一杯 誠を 尽くす


 日々 迷うこともありますが

腹を決めて生きる

そこに戻していただける 貴重な時間でした。


 三島から 座禅をするために足を運んでいらした 雰囲気の良いカップルさんもいたりして・・・。

あんなお若いときから 座禅に触れられること、そういうパートナーに巡り会えたことって 素敵ですね。

ほほえましかったです。

 座禅の後、座禅会常連さんオススメの 屋台のお蕎麦屋さんにみんなで足を運び、 天ザルそばを食べてきました。

わらびやこごみ タラの芽や よもぎの 天ぷらをいただきましたが とっても美味しかったです。

至福のひとときでした。

感謝。

 今日は 伊豆ヨガと 御殿場ヨガに行きます。

自分がどんなエネルギーを人に与えるかで まわりの状況も 変化していきます。

 雫の一滴ですが 柔らかな 波紋を広げたいです。

今日 ご縁があって出逢える すべてのかたが 幸せになれますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年前の事件の行方

2年前ほど 私の車の中に置いてあったバッグが盗まれる事件がありました。

その犯人が捕まった と 山形県警の刑事さんから先日連絡がありました。

私が被害にあった周辺の地域では 同じ日に同じような手口で3件の盗みを行っていた犯人は N市の出身でした。

刑事さんは犯人の名前も教えてくれましたが、もちろん全く知らない名前でした。

執行猶予中の再犯なので 刑が確定すれば 刑務所に服役することになるそうです。

 現行犯で捕まった以外の事件を自分の口から正直に話し、私の事件も隠さずに自白し 実況見分のために 山形からはるばるワゴン車に犯人を乗せて来たそうです。

 犯した罪を素直に認め、新しく生まれ変わるために過去をすべて清算しているのだそうです。

刑事さんも犯人の罪を償いたいという思いを信じて、再生に向けて 自分ができる限りのことをしていきたいと語っていました。


 実はこれ以外に 今 詐欺事件にも関わっています。

その人は まだ罪を認めず 悪あがきをし、さらに罪を重ねている状況です。

被害が広がっているのは警察もわかってはいても、詐欺で立件するのは相当時間がかかるものなのですね。

3月に被害者数名で連れ立って警察に相談してから 早6ヶ月ですが まだ 逮捕には至っていません。

何度か その人に罪を認めて謝罪して欲しいと伝えているのですが、しらを切り通しています。

やはり 警察に捕まらないと すべてを正直に話すことはないのかも知れません。。。

残念なことです・・・。


 人は弱いものですから 間違うこともあります。

罪にならないまでもいろんな間違いをすることは 生きていれば人生の間で 何度かあると思います。

 困難が起きたとき 自分の弱さから判断を間違うことも・・・。

 起きた出来事に左右されて 自分を見失い それを環境のせいにすることは たやすいことです。

 しかし、困難な出来事を経験する中で 人としてどうあるべきかを考えて その方向に自分を向けていくことも可能です。

 ヨーガやヒーリングを教えていて思うのは 素直な人は回復が早いということです。

これまでの姿勢や行動、思い方のクセや考え方などが間違っていたとしても 新しく提示された事柄に順応して 躊躇わずに自分を変えていくことに 積極的です。

新しいことに抵抗しないで、そうやって生きてきた自分を許し、それを受け入れて 素直な気持ちで変えられるところは変えていく柔軟性があります。

また、そのほうが結局 早く「そこ」を 通過できるのです。

あがけばあがくほど 苦痛は長引き 同じ状況を繰り返す経験をすることになるのですから。

心を強くし 素直になって 自分を良い方向へ 導いてあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)