Reiki (西洋式レイキ)

いつもの思考パターンから抜け出すヨガやレイキヒーリング

 自分を悩ませているいつもの思考パターンから抜け出す方法をいくつか持っていると 生きているのが楽になります。

例えば、ヨガ。

例えば、座禅。

例えば、瞑想。

例えば、レイキヒーリング。

 自分に合うモノであれば なんでも。

自分が抱えている不安を無理に消そうと思うと かえってそれは しがみついてしまうものです。

考えなくてもいい事柄を わざわざ掘り返しては 考え始めてしまったり・・・

ネガティブな思考サイクルにはまって 身動きがとれなくなってしまうことも。

 レイキは 正しい思考 正しい願いに繋がっています。

間違った思いこみを手放し、本当に必要な事柄に気づくことができるようになります。

 誰だって 自分の外側の現実を変えることはできません。

でも、自分の内側の反応や 感情の選択を変えることはできるのです。

 たやすく。

 レイキは 今 ここに 繰り返し戻してくれます。

 病気ではなくても 緊張や不安、ストレスを抱えて生きている方は多いのです。

自分が抱えている苦しみは 元気そうに見えているあの人の中にも存在し その人なりの苦しみに耐えているのです。

 あなたが不安におののくとき 心を強くしてそれを受け入れられますように。

 恐ろしくて逃げ出したくなるときに 必要以上に恐れないようにと 祈ります。

 レイキは 愛と調和のエネルギーです。

あなたに必要ならば そうなりますように。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフケアとセルフヒーリング

 ヨーガ・ヒーリング 柊です。

 最近近くのママさんから産後のヨーガやマッサージ、骨盤底筋などのケアのリクエストを度々いただき 歩いて通っていたのですが 歩くって良いですよね。

ボルスターやブランケット、サンドバッグなどを担いで歩いていると 車では通り過ぎてしまうあちこちの変化を楽しむことが出来ます。

 ゆっくり時間をかけるって 必要なことですね。


 産後間もなくから何度もタイ・ヨーガマッサージをリクエストされ 骨盤矯正もしながら様子を見ています。

自分で出来るセルフケアやセルフヒーリングを指導しています。

自分では手の届かないところへのマッサージも 喜んでいただいています。

 触れることが憚れるところへは レイキをしながら調えています。


 赤ちゃんは まさに天使!!!そして とってもゴージャス!!!

ブルーグレイの瞳がとってもキュートです。

赤ちゃんが泣くので ママは なかなかゆっくりできません。

ママは授乳しながら 私はママの背中や腰をマッサージしたりして・・・。

母乳を飲んで満足したのか落ち着いたのでお布団におろしたのですが 少しするとまた泣き始めて・・・・。

 ママも相当疲れているので、不憫なので私の左腕と手、左脚でベイビーを抱っこし 右手でママの背中を押しながら何とか切り抜け ついには 左足の上であやしながら完全に寝かせ ママの腰のケアを続けました。

凄い絵柄でしたが、、、もっともっと お母さんて 凄いです!!!

こんなにもへとへとになりながらも 赤ちゃんの為に まさに身を削って すべてを与えている。

産後のお母さんはオキシトシンというホルモンが出るそうで、恐怖心などが減るんだそうですね。

子どもを守る意識がさらに高まるのです。

乳腺炎や腱鞘炎、腰痛や肩こり、不眠になりながらも 赤ちゃんにすべてを与えています。

 みなさん ほんとうに立派です!!!

自分を認め 褒めてあげてください。


 大変な育児中でも 時には自分自身に関心をもち、自分を愛を込めて大切にする。

からだの声に耳を傾け、その声に従う。

からだのどこかから聞こえてくるメッセージに真摯に向き合い、必要なケアをしてあげましょう。

ママが元気でないと 赤ちゃんに伝播してしまいます。 

自分の力を取り戻してください。

 その見返りは 大きいですよ。

 あなたにケアが必要なら 声をかけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ REIKI レイキヒーリングを始めましょう

先日 レイキセカンドを受けてくださったAさんは 娘さんに勧められて レイキを勉強しようと思って 来て下さいました。

Aさんは リウマチなのですが 2年ほど前に 薬は全部やめてしまいました。

体に優しい方法で 治したいと心に決めて 薬をたったのです。

相当の覚悟ですよね。

 1ヶ月ほど前 ファーストを伝授(アチューメント)させていただいた後、自分でも特に気になっていた 手の関節やひざに特にレイキをしてきたそうです。

 先日のセカンドのアチューメントで来ていただいたとき 何気なくAさんの手の甲を見たら 1ヶ月前は とても腫れていた人差し指の根元の関節がほとんどわからないくらいに 自然になっていたので 思わず手を止めて 見入ってしまいました。

すごい!!!!

こんなに 変わるなんて 正直 驚きました。

Aさんは できるだけ 気にかけて手の関節部分にいつもふれていたのだそうです。

 また、レイキは 飲む水などにも行うのですが水道水とレイキした水とでは 飲んでいるプロテインの粉の溶け方がまったく違うので、

「あ~ 本当に レイキって いいんだ、私でもちゃんと出てるんだ」

って ほっとしていると言われて そういう報告は初めてだったので 私は逆に教えていただけて 嬉しかったです。

 Aさんは 薬の代わりにプロテインなどを飲んでいます。

その粉を溶かすのに使う水を レイキして使って 明らかに違うとわかり 欠かさず行っています。

 人によって足りないものはそれぞれですが このレイキが Aさんの 生活によい形で生かされているようで 私もとても嬉しかったです。

「レイキは一生有効」と言うのも レイキをやってみようという きっかけになったそうです。

 アロマやキャンドル、別の道具も何も使いませんので どんなときにも できますので 本当にお手軽です。

レイキは自分の中に宝を積み上げていくものです。

波にさらわれることも ありません。

 ひとりでも多くの方に 正しい形で このREIKI レイキが 伝わっていってほしいです。

あなたにレイキが必要ならば そうなりますように・・・。

水道水が危ないと騒がれている今こそ、レイキをどんどん使って体をクリーニングしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイキヒーリング

昨朝のこと。

子どものクラスでもインフルエンザが流行っていて 数日前から子どもも のどの痛みや鼻づまり、微熱があって起きられませんでした。 

 そろそろ起きないと 学校に間に合わない時間なのに ぐっすりと寝ているので、声をかけてみると 

「頭が痛い、気持ちが悪い」

熱は 平熱の範疇でしたので、子どもの頭に両手を当てて レイキヒーリングをし始めました。

 子どもの頭の中でエネルギーの渦が回っていました。

うねるような感じです。

・・・相当疲れているんですね。


しばらくして

「おかあさん、   ありがとう」


「たすかるよ」

「ありがとね」

「くびんとこも・・・」

「せなかも」

「ひざんとこも」

「おかあさん よかったね  レイキ とっても いいね」

「あ~すっきりした~~~~~、じゃ 行こう!!!」


本当に  身体だけでなく こころも 顔も おだやかになって 学校に行くことができました。

 この子には いろいろ教えられます。

レイキは 私に必要なんだと また 気持ちを 「ここ」 に戻してくれます。

 リコネクションの エリック・パールは リコネクションがあれば もうレイキはいらない、と言い切りました。

リコネクションは 確かにダイナミックでパワフルなエネルギーだけれども、自然には(人工的ではないものは) 優劣はつけられないのだと思います。

激しい波が漂う 動きのある海の方が、静かな湖よりも素晴らしく 価値があるとは 言えないように。

山にも、水にも、光にも、大地にも、空気にも 優劣はつけられないのと、同じように。

リコネクションが必要な人がいるように レイキを必要としている人も 確かにいるのです。

太陽は強力なエネルギーで 確かに力強い光だけれど、 それだけがどれよりも素晴らしいわけではなく、月も星も どれもがみんな素晴らしいのです。


 レイキヒーリングは 癒しのエネルギーです。

ふれることで 強ばっていた何かが 解けていくようなエネルギーです。

静かなエネルギーですが 何かを変える力があります。

 私はレイキを学んでいて 本当に 良かったと しみじみ思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を当てにしないで、自分が「癒しの手」になる

 先日、親子で(別々の日に)レイキ(REIKI)ヒーリングのアチューメントを受けてくださった方がいます。

そう遠くはないけれど 離れて住んでいて お互いを思いやっています。

お子さんのほうが先にレイキ(REIKI)を受けて お母さんにやってあげたい。

レイキ(REIKI)ヒーリングは セカンドディグリー以上になると遠隔レイキと言って 離れている対象に向けてもREIKI(気)を送る事ができるようになります。

お子さんにはお母さんを思いやる気持ちが十分にありますが、自分の生活や家族のこともあります。

いつもお母さんにレイキをしてあげたいけれど 実際問題として満遍なく四六時中レイキをしてあげることは不可能な話です。

お母さんのほうは 優しいお子さんの気持ちは充分にわかるけれど 「誰かを当てにしていてはいけない、自分がやれるようになる」このレイキを 自分のために習うことを決めました。

自分ならば いつでもどこでも何度でも好きな場所にレイキをしてあげる事ができるからです。

相手を当てにしないで、(やってくれないからと言って)うらみもなく、自分の生活に合わせてできるからいいと言ってとても喜んでくださいました。

ご自身も中国まで行って気功治療を受けたり、長い間中国で処方された漢方薬も飲んでいました。

ご自身の体に合う日本のサプリメントも十分に摂って健康を手に入れてきました。

 ですが、今後も度々中国まで出かけたり、漢方薬に頼ったり、高額なサプリメントを摂り続けていたらこれからどうなるだろう・・・・

もしも何かの事情でやめたら 一気にバランスを崩すのではないか・・・心配になってもいました。

これまでと同じように続けていくには さらにかなりの金額が必要なのです。

ちょうど良いタイミングで REIKIの話を聞き、レイキであれば 講習も一度きりで あとは一生有効、副作用もない。

一生ずっとやっていくと料金メーターのように 金額が上がるわけではないので 非常にお手軽です。

今後はレイキをしながら サプリメントなどをどんどん減らしていこうと思っています。

サプリメントなどに頼りすぎてしまうと、本来の自分の力が弱くなっていくことも 考えられます。

自然の食品に近いと言っても、錠剤やカプセルに精製する過程では 自然のものではない 何かケミカルな薬剤も含まれます。

一粒は微量でも長い年月の間には それらのものが体に蓄積されていきます。

体の化学工場である 肝臓にも少なからず影響が及びます。

レイキ(REIKI)は体のエネルギーバランスを整えて、血行を促進させる働きもあります。

人を当てにしないで、自分の面倒は自分が見る。

自分自身が 「癒しの手」になることができるのがレイキの素晴らしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが・・・

 メールをしようとパソコンのスイッチを入れたら、カッカッカッ・・・となにやら音がし始めました。

うっ、悪い予感。 また????

 カッカッカッは鳴りやまず、画面も全然出てきません・・・。

まるで、時限爆弾のような 病室の心電図の器機音のような なにかいや~な響き・・・。

 とうとう昨日は グリコ(お手上げ)状態でした。

こういうときは 「やすみなさい」ということなのかも。

 USBに大事なデータを保存していなかったので、昨日はとても焦りました・・・・。

寝る前にパソコンにレイキをしてイメージを重ねて 感謝をして休みました。

さっき恐る恐るパソコンに向かってお辞儀をして スイッチを入れると・・・・

夢のようです!!!!!

回復しました。

 あ~これで パソコン買わないですみそうです。

とりあえず、USBに保存保存。

 なんとか セーフです。

レイキに感謝します。

 
それから、年末に限っているわけではないのですが 毎日何かを探しているのです。

せっかく首から赤い紐つけてぶら下げていた おうちのカギが どこかへ行ってしまいました・・・。

ヨガのクラスで見たのを最後に忽然と???消えてしまいました。

「幼稚園生みたい」
とからかわれても気にしないでいたのに・・・これでも失くすなんて・・・。

暫く家には入れず、外の寒さが身に染みました・・・。

持ち物すべてに 電話で鳴らしたら 居場所がわかるようにできないものでしょうか???

どなたか 発明してください。

これから今日は御殿場です。

今年最後ですね。

みなさんに会えるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Reiki レイキって、なんですか?

 Reiki レイキって、なんですか?    

最近よくこの質問を受けます。

レイキは、宇宙に存在する高次のエネルギーを使ったヒーリング方法です。

レイキマスター(ティーチャーともいわれます)から、

アチューメントというエネルギー伝授を受けることにより、

ラジオの周波数を合わせるように、そのエネルギーとつながることが可能になります。

気(エネルギー)を獲得するための、気功や、太極拳のような特別な練習や修行を必要としない テクニックです。

子どもから妊婦、老人までどなたにでもできる、

安全で、穏やかな癒しのテクニックです。

ヨーガ、リフレクソロジーや、マッサージなどをしている方にオススメのヒーリングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子一緒にレイキ伝授することの意味

現在私はヨガのレッスンとレイキ伝授を半々ぐらいでおこなっています。

私からレイキを学んでくださった方々と、感覚を味わう練習の意味も込めて遠隔レイキを送り合っています。

7人でひとつのグループをつくり、曜日を決めて一人の方にレイキを送っています。

人を癒やすことが多いレイキプラクティショナーですけど、たまには自分が癒やされたいですもの。

レイキヒーリングお茶会に来てくださってる方に、遠隔レイキを無償で送ってもいます。

その方ご本人であったり、そのご家族も含めてという場合もあります。

他のレイキマスターからアチューメントを受けた人にレイキのトレーニングをしてさしあげたりもしています。

1日や2日のセミナーでレイキを学んだ人の多くが、実際にレイキを使いこなせていないのです。

とてももったいないことです。

レイキにつながってるのに、それを実際に使っていないなんて・・・。

次回からはその中でいくつかの事例を紹介していきます。

 今日は、親子にレイキアチューメントをしてきました。

お母さんは、3年前に肺ガンでご主人を亡くしてから、体調が悪くなってしまいました。

そんなお母さんを心配して、お嬢さんが私のヨガ教室を見つけてくださり、お母さんが私のヨガ教室に来られるようになったのです。

そこで何気なくお貸ししたレイキの本をお嬢さんも読んで、レイキに興味をもたれたのです。

レイキの話をしながら、おふたりの長い間のわだかまりが少しずつ解けていくのを目の当たりにし、ふたり一緒にレイキを伝授することの良さを痛感しました。

私もふたりの過去につきそい、その痛みを見守りました。

レイキがふたりを健やかにし、支えになり、心を明るくしてくれました。

 しかし、この繋がりをたどっていくと、肺ガンで亡くなられたご主人が私たちが出会うことを導いてくださっていたこともわかりました。

ふたりが顔を見合わせて微笑み合ってる姿を見ることができて、本当に嬉しかった。

レイキがどんなときにも、
どんなところでも、
ふたりの中に強く存在し続けることができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイキの効用

☆ レイキの効用

 レイキはその人にもっとも必要なところに作用します。

 そのため、イライラがおさまったり、病気が改善されたりと反応は様々です。

 一般的には次のような効果があると言われています。

・心身の疲れやストレスを取る
・自己治癒力を高め、健康回復に役立つ
・やる気が出てくる
・心の不安や恐怖が解消する
・自律神経失調症、不定愁訴が改善する
・イライラやストレスを解消し、安らぎをもたらしてくれる
・人間関係が改善される
・性格や人に言えない内面の悩みなど、問題解決のヒントを与えてくれる
・不動心が養われる
・右脳と左脳、間脳を活性化する
・記憶力や集中力を高めてくれる
・イマジネーションが高まり、イメージコントロールしやすくなる
・ひらめきや直観力を高める
・願望実現に役立つ
・自分らしい生き方に目覚める
・他者に対するヒーリング能力を充実させる
・ハイヤー・セルフとコンタクトができる
・自分らしい本当の生き方に目覚める
・自分の使命・持って生まれた役割がわかる

 以上のように、生きていくうえでの精神面・身体面などにも作用し、穏やかな効果があります。

それはレイキがその人の心や体の中で足りない部分を満たし、その人に必要なことを補い、全人的な存在となることを助けるためです。

レイキは、幼児にも妊婦にもおこなえる、安全なエネルギーだからなのです。

 あなたには初めての話で、戸惑うことも多いと思いますが、ただそういう世界もあるのだということを知ることだけでも充分です。

いつか、あなたが必要なときに、このレイキのことを思い出してください。

| | コメント (0)

西洋式レイキって、なに?

レイキ(西洋式レイキ)ヒーリングとは・・・

 レイキ・ヒーリングとは、宇宙に存在する高いエネルギー(波動)とつながることにより対象(人やもの)を癒す方法です。

 これにより、生命力が高まり、心身のエネルギー(気)のバランスが調整されます。

 レイキエネルギーを活用することで、自分自身を悪いエネルギーから守り、健康の維持・改善に役立つだけでなく、自分の能力や精神性、体調・運気を高めていくことに効果を発揮します。

まず、レイキという言葉について・・・

レイキとは「霊」(=人間の知見や力を超えた存在の、神的な)と「気」(=生命を生かすエネルギー)からなる言葉です。
                   
☆ レイキの由来

 禅の道で修業を積んでいた臼井甕男=うすいみかお(1865~1926年)という人が鞍馬山にこもり、21日間の断食の末に、悟りを得るとともに心身を癒す不思議な力を宿しました。

臼井氏はその力を「霊気」と名づけました。

 その後レイキは、大正末期から第二次大戦前にかけて日本で盛んだった健康法のひとつとして大衆に広まりました。

 臼井氏の死後は、二代目の林忠次郎氏が東京の信濃町で「ハヤシ・クリニック」を開設し、治療とレイキの普及に努めました。そのころ、ハワイから重病を抱えてやってきた日系アメリカ人のハワヨ・タカ夕氏が林先生のもとでレイキを受け、二ヶ月後に完全に病気を完治しました。

 レイキの力に感銘を受けたハワヨは、その後自らもレイキを学び、ハワイに帰ってレイキ治療院を開設し、長い間治療の実践を続けました。

 その晩年、22人のレイキ・マスター(人にレイキを伝授できる人)を養成し、現在の普及の基礎を築きました。こうしてアメリカでは、ハワヨ・タカタが伝えたことによって広まり、そこからヨーロッパへも伝えられました。

 日本では林の死後、レイキを伝えるものが途絶えていましたが、近年日本でも海外からの逆輸入の形で広まり始めています。ヨーロッパやカナダ・アメリカなど、多くの人がレイキの技術を活用しています。

| | コメント (0)